木嶋佳苗が獄中結婚した旦那夫はイノウエ王子?週刊新潮デスクX氏で名前や顔画像と手紙の内容も


首都圏連続不審死事件で現在死刑囚として収監されている木嶋佳苗ですが、週刊文春の取材によって3度目の獄中結婚をしていたことがわかりました。

その相手は40代前半の週刊新潮のデスクで木嶋佳苗の記事を手がけたことのある記者なんだそうです。

そこで週刊新潮のデスクと噂される夫のイノウエ王子についてプロフィールなどをまとめてみました。

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗が獄中結婚

交際していた3人の男性を殺害したとされる“首都圏連続不審死事件”で、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)。昨年1月、木嶋は3度目となる獄中結婚をしたが、その相手は「週刊新潮」のデスクだったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

社会部記者が解説する。

「東京拘置所にいる彼女は2015年3月に60代の不動産会社勤務の支援者男性と最初の結婚。彼女がメディア関係者に送った書簡では『セ●●スがないからこそ、ある種の緊張感が保てていると思う』などとノロケていましたが、翌年に離婚。その後、逮捕前から知り合いだった男性と再婚し、元夫とは養子縁組したことを『週刊新潮』(17年4月20日号)に寄せた“遺言手記”のなかで明かしています」

昨年から司法関係者や彼女を逮捕した埼玉県警の関係者らの間では、再審請求に繋がる動きを警戒し、情報収集するなかで、「週刊新潮」のX氏の存在が浮上していた。

引用:週刊文春

というか獄中にいるにも関わらず3人と結婚できるって木嶋佳苗に吸い寄せられる男多すぎじゃないですか!?

ちなみに木嶋佳苗は現在44歳であり、事件は2007年〜2009年に起きたものになります。支援者と結婚ってなんで支援者とかいるんですかね・・・この語の及んで無罪を主張しているということでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links




木嶋佳苗と獄中結婚したX氏はイノウエ王子?

実は木嶋のブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」で、X氏は既婚者の「王子」として度々登場している。

〈●●●●王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです〉(2017年5月29日)

X氏について新潮社の関係者が語る。

「彼は40代前半で、記事を執筆するデスクのなかでも、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。木嶋氏の“遺言手記”の担当デスクでした」「週刊文春」がX氏に取材を申し込むと、新潮社で約1時間にわたって取材に応じ、結婚を認め、その理由について次のように語った。

「彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募ったということです。相手をもっと知りたいと思った時に、手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません」

引用:週刊文春

このように木嶋の手紙にもこの王子と呼ばれる男性が登場しており、この方なんだそうです。そして週刊文春は、この男性に直撃して結婚を認めたという形なんだとか。

結婚したところで一緒に暮らせるわけでもないのになぜなのでしょうか・・・結婚する意味は本当に人それぞれですね・・・

Sponsored Links
Sponsored Links




そして、この王子というのが、ネットで検索すると「イノウエ王子」と確定になりました。

「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログに登場しているんですね。

御陰様で、今月はイノウエ王子と7回もデートしちゃいました。
相変わらずカッコいい王子は、相変わらず小声なので、先週から稼働した扇風機の音で、王子の話していることがほとんど聞き取れません。
勘で適当に答えてます。そのくらい通じ合える程度に私たちの愛は深まったということです。

イノウエ王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです。

引用:木嶋佳苗の拘置所日記

デートっていうのは面会のことでしょうか?てかこのブログがやばすぎますね笑

反省の色が見られないというか、恋愛のこととか色々書かれています。

ブログでは度々手紙にもイノウエ王子が登場しています。本名や顔画像は不明ですが、長身でモデルのようなんだそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声