大野二巳雄(おおのふみお)のfacebook顔写真や経歴と自宅住所は?子供妻や家族と糖尿病や神戸市営バス事故(三宮)がヤバイ


4月21日午後2時頃に兵庫県神戸市の三宮駅近くで神戸市営バスが急発進し、複数の歩行者をはねて死傷者を出す事故が起きました。この事故で運転手の大野二巳雄容疑者(おおのふみお・64)が逮捕されました。

今回の記事では、大野二巳雄容疑者のプロフィールや経歴、自宅住所や家族、糖尿病での薬服用の影響などまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

神戸市営バスが暴走し事故

21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅近くの県道で、神戸市営バスが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはね、男女2人が死亡し、6人がけがをした。

兵庫県警葺合署は自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑でバスの運転手、大野二巳雄容疑者(64)=同市長田区房王寺町=を現行犯逮捕した。「バスが急発進して人をはねた」と話しており、同署が事故原因などを調べている。

同署によると、死亡したのは同県明石市の大学3年生柳井梨緒さん(20)と、神戸市須磨区のアルバイト那須勇成さん(23)。奈良県斑鳩町の女性会社員(45)が両脚骨折の重傷を負った。

引用:時事通信

このように、東京の池袋でも自動車事故が起きたばかりなのに同じような事故が兵庫でも起きてしまいました。

今回バスは停留所で乗客を降ろした後に急発進をして、青信号で歩行者が渡っている横断歩道にそのまま突っ込んだということでした。その後、中央分離帯にぶつかり停止したようです。

大野容疑者によると「ブレーキは踏んでいたが急発進した」ということを話していることから、バス会社は他のバスも点検をしているということです。

Sponsored Links
Sponsored Links




大野二巳雄容疑者のプロフィール


名前:大野二巳雄(おおのふみお)
年齢:64歳
住所:兵庫県神戸市長田区房王寺町

大野容疑者は、神戸市に住む64歳の方で、神戸市営バスの運転手です。

1986年に採用されて30年以上もバスの運転手として働いてきたベテラン運転手だったようです。一度定年退職しましたが、2015年に再度採用されて現在までに働いていたということです。

これだけベテランの人ですので、普通に考えると急発進する事故を起こすなんて考えられませんよね。バス会社では、アルコール検査もしており、21日の午前6時時点では異常がなく、普段と変わらない様子だったそうです。

そして一つ、持病で糖尿病を患っているそうで、4月上旬には8日間入院していたそうです。インスリンを服用しているが、医師の診断からも就労可能というお墨付きをもらっていたようで、これの影響ではないとの見解のようです。

しかし、過去に急ブレーキなので乗客が負傷する事故を3件起こしていたようです。30年も勤務していたのであれば、このくらいあるかもしれません。また、一概に多い件数とは言えないという見解だそう。

このようにベテランでも事故を起こしてしまいますから原因がなんなのか確実に究明しないといけませんよね。もしバスに異常がなかったのであれば、大野容疑者に問題があったと確定してしまうわけです。2週間ごとの点検ではバスには異常がなかったとのことでした。

facebookについては、やっていないようで確認できませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




大野二巳雄容疑者の自宅住所は?

大野容疑者の自宅住所は「兵庫県神戸市長田区房王寺町」と判明しています。細かい番地までは不明ですがある程度わかっています。

こちらの家は、バスを運転していた三宮駅の比較的近くですね。

この年齢ですから一軒家に住んでいる可能性が高いですよね。

しかし60歳を超えてまで仕事をしていることからある程度お金が必要だったのかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links




大野二巳雄容疑者の妻や子供は?

そして大野容疑者の家族についてです。

結婚しており妻はいるようですが子供はいるか不明でした。

妻は53歳で、神戸市内の自宅で取材に応じたようです。先程は糖尿病の薬を飲んでいるということでしたが、妻によると血圧を下げる薬や膵臓の薬などを使用しているとのことでした。

そして、これまでも意識を失うようなことはなかったので薬の服用は関係ないと思うというように話していたとのことでした。でも関係ないとは言い切れません。

妻はお医者さんではないのですから過去の経験を信じるのはちょっと違いますよね。

また、前日の様子もいつもどおりだったということでした。