岩村樹憲教授(松山大学薬学部)のfacebook顔画像や経歴プロフィールと学歴は岐阜薬科大学?麻薬MDMAを作った学生は誰で名前は?



松山大学薬学部医療薬学科岩村樹憲教授(いわむらたつのり・61歳)学生に合成麻薬『MDMA』を作らせた疑いで書類送検しました。

そこで今回の記事では岩村樹憲教授のプロフィールやMDMAを実際に作った学生は誰なのか?まとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

教授が学生にMDMA合成させる

麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。

捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。

書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったが、自身の研究室の学生にMDMAを合成させるなどした疑い。

引用:ライブドアニュース

このように2013年の話ですが、松山大学教授が学生にMDMAを作らせたとして書類送検されています。

そもそも作り方を知っていることが驚きなのですが、2013年のことが今になってわかったのはなぜなのでしょうか?麻取が捜査していたようですが、麻薬所持していたことから自分でも使用していたのかもしれませんね。

それより学生に作らせていたという常軌を逸したサイコパスが授業をしていたことが一番驚きですよね笑

Sponsored Links
Sponsored Links




岩村樹憲教授のプロフィール


名前:岩村樹憲(いわむらたつのり)
年齢:61歳
所属:松山大学薬学部医療薬学科教授

岩村教授は、61歳の松山大学薬学部医療薬学科の教授の方です。学歴を調べると岐阜薬科大学で薬学博士を取得していたようです。

・岐阜薬科大学 薬学研究科 薬化学
・岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学

そして経歴はこちらです。

1986年:岐阜薬科大学助手
1996年:バージニア・コモンウェルス大学薬学部博士研究員
1997年:岐阜薬科大学講師
2004年:岐阜薬科大学助教授
2007年:松山大学薬学部教授

はじめは、卒業した岐阜薬科大学で仕事をしていて、1年だけバージニア・コモンウェルス大学に行っていたようですね。

それから岐阜薬科大学に戻って仕事をした後に2007年から松山大学薬学部の教授になって、2019年現在まで12年も勤務していることになります。

facebookについてはやっていないのか見つかりませんでした。そしてこのような資格も取得しています。

・第二種放射線主任者免許
・薬剤師免許
・薬学博士(岐阜薬科大学,甲第39号)
・甲種危険物取扱者免許

Sponsored Links
Sponsored Links




MDMAを作った学生は誰?

そして今回、教授だけでなく、『教授ら』が書類送検されたというニュースなので、実際にMDMAを作っていた学生も書類送検されたのだと思います。

ということですが、この学生は誰なのでしょうか?

2013年の授業でやっていたということですが、これ他の年でも絶対やってますよね。そしてこれを学んだ学生の数は相当多いのではないでしょうか?

授業でやっていたのですから、クラス全員が作り方を教わったということですよね?

このクラスから自分でMDMAを作り出す犯罪者が出たとしたらどうするんですかね!ちょっとやばすぎる思考です。

残念ながら実際に作った生徒の名前や顔画像は不明ですが、2013年に20歳前後だとしたら、現在は25歳前後ではないかと思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声