中野勝徳容疑者の会社は板金業で妻のfacebook顔画像は?在日韓国人の疑いや住所は市川市大町で踏切遮断機をのこぎり切断で逮捕!



船橋競馬場駅すぐ近くの踏切でのこぎりを使って遮断器2本を切断したとして、市川市大町で板金業を営む中野勝徳容疑者(なかのかつのり・53)が逮捕されました。

twitterで撮影された動画によって逮捕されたようです。

今回の記事では、中野容疑者のプロフィールや妻などまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

踏切の遮断機をノコギリで切断

千葉・船橋市の踏切で、遮断機の棒をのこぎりで切った疑いで逮捕された男は、およそ30分間にわたって踏切が開かず、腹を立てて犯行に及んでいたことが新たにわかった。

板金業の中野勝徳容疑者(53)は、13日午前7時半ごろ、船橋市の京成線船橋競馬場駅近くの踏切で、遮断機の棒2本をのこぎりで切断した疑いが持たれている。

当時、現場の踏切は、人身事故の影響により、およそ30分間にわたって、開かない状態が続いていたという。中野容疑者は、仕事に向かう途中で、持っていたのこぎりで犯行に及んでいた。

調べに対して中野容疑者は、「仕事があるのに、渋滞して車が動かなくなり、腹が立ってやってしまった」などと容疑を認めている。

引用:Yahoo!ニュースト名

人身事故があり、その影響でずっと踏切が開かなくて仕事に行かなければいけないからという理由遮断機を切断したと証言しています。

仕事に行かなければいけないのはわかりますが、電話すればよいのではないでしょうか?行けないのはどうしようもないことですからね。

というか人身事故で電車が止まっているならなぜ、遮断器が上がらないのでしょうか?これは本当に意味がわかりません。電車が通らないのに踏切が開かないなんて運用方法がおかしいと感じます。

Sponsored Links
Sponsored Links




中野勝徳容疑者のプロフィール


名前:中野勝徳(なかのかつのり)
年齢:53歳
職業:板金業
住所:千葉県市川市大町

中野容疑者は市川市に住む53歳で自営業をしている方です。

仕事は板金業ということで、仕事先に向かう途中とのことだったようです。

事件当日車の中には妻も同乗していたために、妻も一緒に仕事をしていたということかもしれません。

板金業とは金属板を加工して、屋根や外壁、雨樋などを工事したりする仕事だそうです。

このことがあった為にノコギリなどの工具を持っていたんですね。

そして、このような奇行から検索キーワードに在日というキーワードも出ていました。しかし本当にそうかどうかは不明です。facebookについてもやっていないのか見つかりませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




中野勝徳容疑者の妻

そして中野容疑者の妻についてです。

当時中野容疑者と一緒に車に乗っていたようですが、テレビのインタビューに答えていたようです。

急いでいたが、踏切がもう開かないんじゃないかなと思っていたそうです。そして人身事故だなという感じがして、その時に中野容疑者が行ってしまったそうです。

遮断機の棒が切れちゃうとも思っていなかったそうで、これはもうまずいと思ったそうです。

妻によると中野容疑者は短気な性格らしくその為にこのようなことをやってしまったということのようです。

いくら短気だからといって、ここまでするのは筋違いですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

https://twitter.com/0909chronos/status/1117631917178777600?s=21