上野千鶴子のwikiプロフィールや経歴学歴は京大で出身中学高校は?年齢や家族(夫旦那子供)や東大入学式の祝辞全文が話題!


東京大学名誉教授の上野千鶴子(うえのちづこ)氏が話した東大入学式の祝辞について話題になっています。

「女子学生の置かれている現実」「東大で学ぶ価値」「親の性差別」など様々なことが語られましたが大きな反響があるようですね。

今回の記事では、上野千鶴子氏のプロフィールや経歴学歴について、家族や今回の祝辞についてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野千鶴子氏の祝辞が話題

「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」――。12日にあった東京大の入学式で祝辞を述べた社会学者の上野千鶴子・同大名誉教授はこう語り、「世の中には、頑張っても報われない人や頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体を壊した人たちがいる。恵まれた環境と能力を、自分が勝ち抜くためだけに使わず、恵まれない人々を助けるために使ってほしい」と新入生に訴えた。

上野氏は祝辞の冒頭、昨年に東京医科大の医学部入試で女子差別などが明らかになったことや、他の私大医学部でも男子の合格率が高いことを紹介。東京大でも長年にわたって入学者における女子の割合がなかなか「2割の壁」を超えないことや、4年制大学への進学率の男女差などを列挙した。

さらに、「社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行している」と指摘。東京大の場合は教授に占める女性の割合は7・8%、女性の学部長や大学院の研究科長は15人のうち1人にとどまり、歴代総長に女性がいないことを挙げ、「東京大も、残念ながら、例外ではない」と述べた。

上野氏はそのうえで、新入生に向かって、「頑張っても公正に報われない社会が待っている。頑張ったら報われると思えることが、恵まれた環境のおかげだったことを忘れないでほしい」と呼びかけた。自身に入学式の祝辞を担当させたことを例に、「東京大は変化と多様性にひらかれた大学」とも紹介し、「これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください」と、学外を含めて幅広く体験を積むことを求めた。

引用:Yahoo!ニュース

このように上野氏は、心に刺さるような内容を多々話したようでした。賛否両論ある内容だったようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




個人的にこの言葉は本当に正論だなと思いました。

「がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。」

つまり、頑張って報われた人は、そもそも環境に恵まれていた可能性があったということです。そもそも東大を目指して勉強できるという家の環境が他の人とは違っていたかもしれないので、それを忘れないようにとの意味です。

家の環境でお金がなく、バイトづくめで勉強する時間なんてない人だっていると思います。しかし、親のおかげで塾に通えたり勉強する時間が十分に取れたりしたことが、頑張って報われたという中にあるので、この努力も環境があったからこそですね。

そして祝辞全文については東大のHPに掲載されているので、興味ある方は見てみてください。

祝辞全文はこちら

Sponsored Links
Sponsored Links




上野千鶴子氏のプロフィール


名前:上野千鶴子(うえのちづこ)
生年月日:1948年7月12日
年齢:70歳
出身:富山県中新川郡上市町
職業:東京大学名誉教授、立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘教授

上野氏は富山県出身で現在70歳の東大の名誉教授です。立命館大学の教授もしているようですね。

そんな上野氏の学歴はこちら。

・富山大学教育学部附属中学校
・石川県立金沢二水高等学校
・京都大学文学部哲学科社会学専攻
・京都大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程(退学)

東大名誉教授なので東大卒だと思いましたが、京大卒なんですね。少しだけ説得力があれ?という感じに思えました。しかも大学院では退学していますが、なぜなのでしょうね?ここは中途半端な学歴ですよね。

そして大学院退学後は、マーケティング系のシンクタンクで仕事をしていたという情報もあるようですが、一応以下が経歴のようです。

1977年:京都大学大学院文学研究科社会学専攻研修員
1979年:平安女学院短期大学専任講師
1982年:平安女学院短期大学助教授
1989年:京都精華大学人文学部助教授、国際日本文化研究センター客員助教授
1992年:京都精華大学人文学部教授
1993年:東京大学文学部助教授
1995年:東京大学大学院人文社会系研究科教授
2009年:特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワークを設立、理事に就任
2011年:東京大学退職
2011年:特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク理事長
2011年:東京大学名誉教授
2012年:立命館大学大学院先端総合学術研究科の特別招聘教授
Sponsored Links
Sponsored Links




自身が学んでいた京大から始まり、様々な大学を渡ってきたようですね。現在の東大名誉教授は2011年になったようで、今年で8年目ということになりますね。

また上野氏は多数の書籍を出版していたり、様々な社会問題に関わって活動や意見を述べたりしていたようです。

一部はこんな感じです。

・京都大学時代は全共闘活動家で闘争のバリケードの中で女性差別を経験した
・構造主義文化人類学と社会科学の境界領域を論じた理論社会学について研究者に
・マルクス主義フェミニズムの紹介者・研究者
・女性問題史の整備でウーマンリブ運動への再評価

専門は女性学やジェンダー研究ということもあり、特に女性問題や女性の社会進出など論じているようです。

色々情報を見ているとかなり過激な言葉も発するような方なのだということはわかりました。

あの「SEALDs」にも関わっているんですかね?色々政治に関しても関わっているようですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




上野千鶴子氏の家族

では上野氏には結婚した夫や子供がいるのでしょうか?

まず、父親は内科医だったそうです。つまり少なからずお金持ちだったのではないでしょうか?

そして夫や子供ですが、いないことがわかりました。結婚自体一度もしたことがないということでした。

しかし、同居はこれまでなんどかしたことがあるようでした。女性ファッション誌の「Oggi」にてこのようなインタビューが掲載されていました。

S「先生はこれまで結婚したいと思ったことはないんですか?」

上野「何度か同居はしましたが、結婚は考えなかったですね。自由を手放したくありませんから。結婚して「一生この人とセッ●スします」なんて、できない約束なら最初からしなければいいのに。だから最近の不倫騒動も理解できません。ちなみに私は男嫌いだと思われているけど(笑)、恋愛はしたほうがいいですよ。心と体が前のめりになって生きる意欲になります。」

引用:Ojji.jp

上野氏は縛られるのが嫌のようで自由を捨てたくないということだそうですね。

なので、結婚をしてしまうとそれがなくなるので今まで結婚はしてこなかったということだそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声