【動画】京都交通安全教室スタントマン死亡事故がエグい?中村佳弘の顔画像やfacebookと勧修中学校でトラックにひかれる



京都市山科区勧修寺平田町の勧修中学校にて交通安全教室が行われましたが出演していたスタントマンの中村佳弘さん(34)が、大型トラックにひかれて死亡するという事故が起きました。

470人の生徒の目の前で事故が起きたということでネットでは話題になっています。

今回は、交通安全教室の動画や事故の概要、中村佳弘さんについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

交通安全教室でスタントマン死亡事故

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していたスタント会社「ワーサル」(東京都渋谷区)のスタントマンのアルバイト男性(34)=福岡県春日市=が交通事故の再現中、トラックにひかれた。男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡した。同教室には全校生徒約470人が参加していた。

京都府警山科署によると、男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた。時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、安全に着地する想定だったが、失敗して地面に落ち、車体下に巻き込まれたという。トラックは同僚男性(38)が運転していた。

教室は京都市自転車政策推進室が主催し、ワーサルに業務を委託していた。同推進室は「事故原因を究明し、生徒の心のケアについては市教委と連携して適切に対応する」としている。

引用:京都新聞

これは悲しい事故ですよね。。。というか本当にこの演出が必要だったのかということです。様々なスタントマンの仕事はありますが、安全に配備していなかったとしか考えられません。

バンパーから手が離れてしまうというのは、明らかに掴む場所がほとんどなかったということだと思います。絶対に事故が起きないような工夫がなされていなかったものと思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links




交通安全教室の動画がヤバイ

実際の死亡事故の映像はさすがにありませんが、これらが交通安全教室でトラックに引きずられるという演出の成功例だそうです。

見て分かる通り、これは簡単に死亡してしまうのではないかという内容になっています。スタントマンだからといって安全に配慮していないように見えます。

スタントマンが掴む部分はほんの小さなバンパーの部分です。これって簡単に手が離れてしまうと思いませんか?

そしてもしその手が離れてしまった時、車の下敷きになったとしたら、トラックを運転している人もこの角度なので、手が離れたかどうかもわからず、走行を続けてしまいますよね。

この成功例の映像だけでも怖すぎて直視できません。。。こんなものを安全に配慮せずにやっているなんて色々と問題があると思ってしまいます。

Sponsored Links
Sponsored Links




中村佳弘さんについて


名前:中村佳弘(なかむらよしひろ)
年齢:34歳
出身:福岡県春日市
職業:スタント会社「ワーサル」アルバイト

今回事故にあった中村さんは、ワーサルというスタントマンの会社でアルバイトをしている方のようでした。

3年ほどの経験があったそうですが、アルバイトという勤務体系でスタントマンをするというのはちょっと不思議ですけどね。

facebookについては特定されていますが、顔画像までは特定されていないようです。

そして今回事故があった中学校はこちらです。

●京都市立勧修中学校
〒607-8214 京都府京都市山科区勧修寺平田町92

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声