ジュリアンアサンジ(ウィキリークス創設者)の現在は白髪で籠城も逮捕理由は性的暴行?死亡説はデマでスノーデンとの関係も



内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者が7年間ロンドンのエクアドル大使館に匿われていたものの今回イギリス警察に逮捕されました。

死亡説もありましたが、今回の記事では、ジュリアン・アサンジ容疑者のプロフィールから、ウィキリークスについて、逮捕理由などについてもまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

ウィキリークス創設者が逮捕

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者は11日、およそ7年間にわたりかくまわれていたロンドンのエクアドル大使館を追われ、英警察当局に逮捕された。同容疑者は身柄引き渡しを要求している米国へ移送される可能性がある。

ロンドン警察当局によると、エクアドルのモレノ大統領がツイッターを通じてアサンジ容疑者の外交的保護を取りやめると発表し、その直後に身柄を拘束した。手錠を掛けられた同容疑者が大使館から引きずり出され、警察車両に乗り込む姿がビデオ画像に収められている。

アサンジ容疑者(47)の弁護士を務めるジェン・ロビンソン氏は、逮捕理由は保釈条件に違反しただけでなく米国の引き渡し要請とも関連しているとの見方を示した。

スウェーデンで性的暴行を働いた容疑に問われていたアサンジ容疑者は、同国への移送を免れようと2012年6月にロンドンのエクアドル大使館に駆け込み、滞在を続けていた。この性的暴行容疑は17年に取り下げられたが、同容疑者はその後も英米の検察当局から逃れるために大使館で籠城を続けていた。

引用:Bloomberg

Sponsored Links
Sponsored Links




このように7年間もロンドンのエクアドル大使館に匿われていたというアサンジ容疑者がエクアドルの外交的保護を辞めるということから逮捕されたようです。

逮捕理由がまだまだ不明だったのですが、調べるとまずスウェーデンでの性的暴行容疑で逮捕されかけていてロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んだということだそう、なので今回逮捕されたのもこれかな?と思いましたが2017年に取り下げられたとされています。

逮捕理由はアメリカの機密文書暴露?

今回性的暴行に関して逮捕かなとも思いましたが少し違うようでした。

さらに他の容疑も調べると2010年にイラク戦争などの機密文書を暴露したりなどから、アメリカが身柄の引き渡しを求めていたということもあり、アメリカからも追われていたということもあるようです。

 アサンジ容疑者は、元米兵マニング元受刑者と共謀し、機密情報を扱う米政府のコンピューターに違法な侵入を試みた容疑で訴追された。有罪が確定すれば最高で5年の禁錮刑に処せられる。

引用:Yahoo!ニュース

「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」という事件の名前が残っていました。今回アメリカに身柄が引き渡された場合、機密文書の暴露が逮捕理由ということになるでしょう。

ということで、死亡説があったようですが、ずっとエクアドル大使館に籠城しており、現在は白髪になっていたということでした。イケメンだった面影も今やありませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




ジュリアン・アサンジのプロフィール


名前:ジュリアン・ポール・アサンジ(アサンジュ、アサーンジ)
生年月日:1971年7月3日
年齢:47歳
出身:オーストラリア
国籍:オーストラリア、エクアドル
職業:ウィキリークス広報人、編集長

アサンジ容疑者は、オーストラリア出身で47歳のジャーナリストです。内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者であり編集長をしています。

16歳の頃からハッキングをはじめたようで、「International Subversives」というハッカーグループを作ったそうです。ハッキングにはルールがあり、システム情報の書き換えをしないことやシステムを破壊しないこというようなルールを決めていたとか。

それから1991年にオーストラリアの大学などの24ものハッキングをしたということでオーストラリア警察に逮捕されたようです。その為なのか学歴はメルボルン大学を中途退学しています。

そして2006年35歳ほどの時に「ウィキリークス」を立ち上げます。そこで数々の情報を公開し、コートジボワールの有害物質廃棄問題やサイエントロジー教会のマニュアルなどなどあるようです。それで受賞したこともあるようです。

しかし、米軍の機密情報を好評しはじめてからアメリカから危険視されはじめたようで、アメリカを敵に回したという感じになっているようです。そして201年には4件の性的暴行に関わったとして逮捕されかけましたが、アサンジ容疑者は合法な性的関係だったと容疑を否定していたようです。

アサンジ容疑者はこれをウィキリークスの敵対者によるデマだと話していたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




ジュリアンアサンジとスノーデンの関係

そんなアサンジ容疑者は映画にまでもなった「エドワード・スノーデン」さんのアメリカ国家安全保障局(NSA)による国際的監視網を告発した内容について協力をしていたそうです。

エドワード・スノーデンさんは、NSAやCIAで仕事をしていたことがあり、そこで内部告発をしたようでした。アメリカでは内部告発者への処遇は厳しいようで、アメリカから追われることとなり、ロシアに逃げ込み2020年まで居住許可が降りているそう。

ウィキリークスが協力した件については、「スノーデンの支援を行っている」と公表しており、スノーデンさんから得た情報をウィキリークスに公開していたのかもしれませんね。

支援内容としては航空機や宿泊先や弁護士の手配、通信の確保など逃亡生活を直接的にサポートしているんだとか。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声