桜田義孝大臣(五輪相)は柏市出身で妻(嫁)や自宅実家の場所は?学歴は東葛飾高校と明治大学で



数々の失言や五輪相とは思えない知識のなさなどが問題視されてきた桜田義孝(さくらだよしたか)五輪相辞任の意向を固めたということでニュースになりました。

そこで今回は桜田大臣のプロフィールや出身の柏について、妻などの家族、学歴についてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

桜田五輪担当相が辞表提出

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、衆議院比例代表東北ブロック選出の自民党の高橋比奈子議員のパーティーで「復興以上に大事なのが高橋議員だ」と述べたことなどの責任を取りたいとして、辞任する意向を固めました。

桜田氏「被災者の気持ち傷つけるような発言」

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、午後9時前、安倍総理大臣と会談したあと、記者団に対し、「被災者の皆さんの気持ちを傷つけるような発言をして、非常に申し訳なく思う。責任を感じて辞表をださせてもらった」と述べ、安倍総理大臣に対し、辞表を提出したことを明らかにしました。

引用:NHKNEWS

桜田大臣はこの人で本当に大丈夫かというような職にたくさんついていましたね。ITもほぼわからないのにサイバーセキュリティ戦略副本部長になったり、今回の五輪相も勉強もほぼせずに知識も全然ないという状況で大臣としてやってきたので、さすがに誰が見ても仕事ができない人だと思ってしまいますよね。

やっとか。。。というイメージですが任命した人も責任あるような気がしますね。そもそも人の上に経つようなことができない人なのではないかと思うので会社員で言う平社員でとどまるべきかなと感じました。

Sponsored Links
Sponsored Links




桜田義孝大臣のプロフィール

名前:桜田義孝(さくらだよしたか)
生年月日:1949年12月20日
年齢:69歳
出身:千葉県東葛飾郡田中村正連寺(現:千葉県柏市正連寺)
前職:千葉県議会議員
職業:元国務大臣

桜田大臣は千葉県出身で現在69歳の方です。「元」になってしまいましたね。

生まれはお寺のような名前の土地で千葉県柏市正連寺という場所だそう。柏市ですね。

学歴はこちら。

・千葉県柏市立田中小学校
・千葉県柏市立田中中学校
・千葉県立東葛飾高等学校全日制普通科
・明治大学商学部商学科の夜学

自身で設立したのかは不明ですが、1976年に桜田建設という建設会社を作っており、この時点で社長だったんですね。これは凄いことです。しかし今までのことを見ていると誰かに手助けしてもらわないと経営などできていない気がします。

そして、柏市議会議員や千葉県議会議員を経て衆議院議員選挙で当選したことによって2013年に文部科学副大臣という役職になっています。

ちなみに衆議院議員は7選しているということですから中々すごいことです。

そして2018年に国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)になっており、今回辞任となりました。

Sponsored Links
Sponsored Links




桜田義孝大臣の妻

妻についてはどんな方なのかは情報はほぼなかったのですが、結婚されており、家族構成は長男、次男、長女という子供がいるそうです。

長男は桜田建設の跡継ぎをして、次男は松戸市の建設会社に務めており、長女は嫁いで結婚しているとのことでした。

既に孫までいるであろう年齢ですから桜田大臣にはあまり表に出るような役職ではなく、安定した仕事をしてほしいですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




桜田義孝大臣の自宅や実家

そんな桜田大臣の実家や自宅ですが、生まれの柏市だと思われます。そして実家では、柏市で農業を営んでいたという情報がありました。

こんな桜田大臣の漫画もありました。


農家ということで様々な農作物を育て、セリに掛けていたようですが、それほど裕福ではなかったという話のようですね。

天候に左右されてうまく稼げなかった時もあったとのことですが、なんとか生き抜いてきたようですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声