桜真澄(寺沢武一元アシ/漫画家)の年齢や顔写真とコブラ画像を流出?睡眠薬や盗撮とセクハラ被害や作品について



「コブラ」で知られる漫画家の寺沢武一さんのTwitterアカウントにて不適切な投稿がされたとして話題に上がりましたが、さらに週刊新潮で元アシスタントの葵正美さん(仮名)がセクハラ被害を受けたと告発したようです。

週刊誌に告発した葵正美さん(仮名)と思われるのが桜真澄さん(さくらますみ)という漫画家だということですが、この内容が事実ではないということで、寺沢武一さんのスタッフが釈明することとなっています。

今回の記事では、寺沢武一さんと桜真澄さんのプロフィールや今回の騒動についてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

寺沢武一さんの不適切投稿をスタッフが釈明

漫画「コブラ」の作者・寺沢武一氏が不適切画像などをTwitterに投稿したとして所属事務所は3日、投稿に至った経緯を説明した上で、不快な思いをさせたとして謝罪した。

寺沢氏が不適切な投稿を行ったとして事務所は、問題の投稿を削除し寺沢氏のアカウントで経緯を説明。事務所によると寺沢氏は、数ヶ月間マンションの別室に住み込んでいた手伝いの女性に、睡眠薬を投与され7000枚もの画像を盗撮されたという。また、女性は知人にこれらの画像を送信したほか、LINEやTwitterの乗っ取りなども行ったため退去させたとしている。

しかし、これを逆恨みした女性は、「寺沢からセクハラ行為等を受けた」と週刊誌に売り込み。週刊誌には記事の掲載中止を要請するも受け入れられず、その原稿は「人に対する礼儀や敬意を欠いたもの」だったという。事務所は、寺沢氏が女性に撮られた動画や写真を投稿したことは、「このような精神的な圧迫の中」の行為だったと説明。「投稿した写真その他によって、皆様に不快な思いをさせてしまったことは、本人も悔いておりますし、寺沢プロダクションとしても皆様に大変申し訳なく反省しております」と謝罪した。

デイリー新潮は3日、「漫画『コブラ』作者の“一夫多妻”在宅ケア生活 元アシが告発する“セクハラ”“奴隷扱い”」とのWeb記事を掲載。4日発売の週刊新潮で詳しく報じるとしている。

引用:BIGLOBEニュース

このように、元アシスタントの女性が、漫画家の寺沢武一さんについて睡眠薬や盗撮をしており、週刊誌に売り込んだということで、事務所スタッフが寺沢武一さんのTwitterでの騒動を釈明したようです。

寺沢武一さんの不適切投稿は、週刊誌の内容が真実ではない部分があることを釈明するために恥ずかしいことを覚悟で掲載したということなんだそうです。

どちらが悪いのか、はっきり言って真相はわかりませんが、闇が深い内容ではないでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links




元アシスタントの女性は漫画家の桜真澄さん


名前:桜真澄(さくらますみ)
出身:大阪府
血液型:O型
年齢:アラフォー
職業:漫画家

今回週刊新潮に告発したのは、漫画家の桜真澄さんということが特定されています。週刊新潮では、葵正美さん(仮名)となっていますが、名前を少しもじった感じになっていますね。

年齢については、週刊新潮でアラフォーということが紹介されていました。アラフォーにしては美人かもしれません。

週刊新潮でモザイクがかかっていた写真も自身のTwitterに乗せていたもののようです。現在は削除されています。

Sponsored Links
Sponsored Links




このようにアシスタントになりましたという内容もしっかり投稿していたようですね。

学歴は、大阪芸術大学芸術学部デザイン学科を卒業して、コナミコンピュータエンタテインメント大阪(後のコナミ株式会社)に就職、その後ソニーのグループでも働いていたようです。

2004年に『四季物語』という漫画で賞をとって漫画家としてデビューしました。自身の作品は、このように法律関係の漫画を出版しているようですね。

そして、今回寺沢武一さんの釈明にもあった通り、下着で部屋を徘徊するということをしていたという桜さんですが、このように男性と抱き合ったりキスをしている写真を載せるような人ですから、寺沢武一さんの意見のほうが正しいのではないかと思ってきます。

Sponsored Links
Sponsored Links




寺沢武一さんのプロフィール


名前:寺沢武一(てらさわぶいち)
生年月日:1955年3月30日
年齢:64歳
出身:北海道旭川市
職業:漫画家
代表作:『コブラ』『ゴクウ』

寺沢さんは北海道出身で現在64歳の漫画家の方です、代表作は『コブラ』という作品が有名なそうですね。学歴は北海道旭川東高等学校を卒業しています。

元々は医学部志望だったようですが、浪人時代に仕事がなかったということで漫画家を志すようになったとか。そこで1976年の週刊少年チャンピオンの「ブラック・ジャック」の広告で募集されたアシスタントの採用条件として投稿した漫画が手塚治虫さんの目に止まったことで、手塚治虫さんのスタッフとして働くことに。

その後、『コブラ』を週刊少年ジャンプで連載し始めます。他にはこのような作品をこれまでに描いてきたようです。

・シグマ45
・コブラ
・黒騎士バット
・鴉天狗カブト
・ゴクウ
・武 TAKERU
・新撰組GUNDRAGONシリーズ

手塚治虫さんに師事していたということがとてもすごい話ですよね。

ちなみに今回の寺沢先生のサイコガン画像は見つかりませんでした・・・

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声