茂住修身(書家/辞令専門官/読み方もずみおさみ)のプロフィールや経歴学歴と顔画像は?菅官房長官が持つ令和(新元号)の文字を書いた人と話題!



菅官房長官が発表した新元号「令和」の文字が綺麗だと話題でしたが、内閣府辞令専門官で書家茂住修身(もずみおさみ)さんだということがわかりました。

そこで今回の記事では、茂住修身さんのプロフィールや書家についてなどまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

令和のアルファベット表記はreiwaとleiwaどっちのローマ字?wikiやTシャツ販売も

2019.04.01

菅官房長官が持つ「令和」が綺麗だと話題

本当に綺麗な文字ですよね。小渕さんの掲げた「平成」は絶対にうまいとは言えませんでしたが、この文字は誰が見ても綺麗な文字だと思います。

そして今回菅官房長官の掲げた「令和」の文字を書いたのは書家の茂住修身さんということでした。

ちなみに小渕さんが掲げた「平成」の文字を書いたのは、元内閣府辞令専門官の河東純一さんという方だそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




茂住修身さんのプロフィール

名前:茂住修身(もずみおさみ)
生年月日:1956年
年齢:62歳ほど
出身:岐阜県飛騨市古川町
職業:内閣府辞令専門官
学歴:大東文化大学

茂住さんは現在62歳ほどで、内閣府辞令専門官だということです。書家ともありますが、この内閣府辞令専門官という仕事は、政府の辞令を書く専門の役職なんだとか。

書くということの専門だけの役職があったなんて驚きでした。さらに他にも政府内組織の看板や表彰状なども書いているそうです。

そう考えると賞状なんかはたくさん書かないといけませんもんね。

学歴は、大東文化大学を卒業しており、書家になったということだけ経歴で判明しています。書道卒業生の会という場所に属していたという情報も。

ちなみに「平成」を書いた河東純一さんも大東文化大学の卒業生だとか。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

令和のアルファベット表記はreiwaとleiwaどっちのローマ字?wikiやTシャツ販売も

2019.04.01