川岸令和教授(のりかず/早稲田大学憲法学者)の妻嫁や顔画像とゼミや経歴プロフィールは?新元号と同じ名前で話題!



新元号「令和」と同じ漢字の名前を持つ早稲田大政治経済学部の川岸令和(かわぎし・のりかず)学部長が話題になっています。

今回は、川岸令和氏のプロフィールや妻などについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

茂住修身(書家/辞令専門官/読み方もずみおさみ)のプロフィールや経歴学歴と顔画像は?菅官房長官が持つ令和(新元号)の文字を書いた人と話題!

2019.04.01

川岸令和さんに取材殺到

 政府は1日、平成に代わる新元号を「令和(れいわ)」と発表した。

 新元号を同じ漢字を持つ早稲田大政治経済学部の川岸令和(かわぎし・のりかず)学部長は新元号発表後、報道各社からコメントを求められたが、早大広報課は「多忙につき、この件に関してはお話しできません」と現時点では談話を発表するには至らなかった。

 早大政経学部は私大最難関学部として知られる。川岸学部長は憲法のスペシャリストとして多数の論文や著書がある。

引用:ライブドアニュース

同じ漢字の名前を持つということで、これはなんか良いですよね。読み方は「のりかず」ということですが、今後生まれる人につけられそうな名前ですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




川岸令和さんのプロフィール

名前:川岸令和(かわぎしのりかず)
生年月日:1962年
年齢:57歳
出身:大阪府
職業:早稲田大学政治経済学術院長、政治経済学部長、法務研究科教授

川岸氏は、大阪出身で現在57歳の方です。早稲田大学の教授などをしており、憲法学者として知られているようです。

学歴はこちら。

・大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
・早稲田大学政治経済学部
・早稲田大学大学院政治学研究科
・イェール大学ロースクール(フルブライト奨学生)

早稲田大学在学中には司法試験に合格したようです。イェール大学に留学して帰国した後は1995年から早稲田大学政治経済学部専任講師になります。

その後の経歴はこちら。

1995年:早稲田大学政治経済学部専任講師
1997年:早稲田大学政治経済学部助教授
2002年:早稲田大学政治経済学部教授
2004年:早稲田大学大学院法務研究科教授兼任
2018年:早稲田大学政治経済学術院長、政治経済学部長

憲法学者ということですが、『憲法』新版という書籍も2005年に出しているようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




川岸令和さんの妻やゼミ

川岸令和さんを調べると、「妻」というキーワードがありました。

しかし妻に関する情報は特にありませんでした。

そしてゼミについてですが、「憲法ゼミ合宿」というものもやっているようですね。憲法学者でもありますからそのようなこともしているのでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

茂住修身(書家/辞令専門官/読み方もずみおさみ)のプロフィールや経歴学歴と顔画像は?菅官房長官が持つ令和(新元号)の文字を書いた人と話題!

2019.04.01