令和(れいわ/新元号)の意味や万葉集の梅の花の歌32種の序文の引用とは?中国の漢文の影響?


平成の次となる新元号が「令和(れいわ)」に決定しました。

そしてこの「令和」についての意味や引用したという「万葉集の梅の花の歌32種の序文」について言及していましたがどのような意味なのでしょうか?まとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

新元号「令和」に決定

ついに平成の次となる新元号が発表され、「令和(れいわ)」に決定しました。

個人的には凄くカッコいいと思いました!「和」については平和にもつながるので良いのかなと思いましたね。そして「令」についてはぱっと見て、「命令」という文字が浮かんでしまいましたw

「令」だけの意味で調べると「りょう」という読み方もありますが、「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の象形から「人がひざまずいて神意を聞く事」を意味するということでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




安倍総理によると、

「人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

という意味が込められているのだそうです。

万葉集の梅の花の歌32種の序文とは?

このように万葉集から引用されたものだと言いましたが、以下のような文があるようです。

初春の令月にして
気淑く風和き
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫らす。

梅の花の歌三十二首(みそぢまりふたつ)、並びに、序

天平2年1月13日、帥(かみ)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(つど)ひて、宴会を申(の)ぶ。時に初春の令月、気淑く風和ぐ。

梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす。

加以(しかのみにあらず)、曙は嶺に雲を移し、松は羅(うすきぬ)を掛けて盖(きぬかさ)を傾け、夕岫(せきしふ)に霧を結び、鳥はうすものに封(こも)りて林に迷ふ。

庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。

是に天を盖にし地を坐(しきゐ)にして、膝を促して觴(さかづき)を飛ばし、言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開き、淡然として自放に、快然として自ら足れり。若し翰苑にあらずは、何を以てか情(こころ)をのベむ。請ひて落梅の篇を紀(しる)さむと。古今それ何ぞ異ならむ。

園梅を賦し、聊か短詠(みじかうた)を成(よ)むベし。

Sponsored Links
Sponsored Links




この万葉集にある「令月」については、何事をするのにもよい月という意味があるそうです。

ネットの声