福島弓子(イチロー妻嫁)のがんステージ4の噂は本当?姉妹の敦子さんや実家と若い頃や栗山英樹との関係も



マリナーズのイチロー選手現役選手としては引退するということで話題が持ちきりです。

そこでこのイチロー選手を長年支えてきた元アナウンサーの福島弓子夫人(鈴木弓子)が気になります。

今回は、福島弓子さんのプロフィールやイチロー選手との出会い、がんステージ4という噂や実家と若い頃などについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

福島弓子さんのプロフィール

名前:鈴木弓子(すずきゆみこ)
旧姓:福島弓子(ふくしまゆみこ)
出身地:島根県松江市
生年月日:1965年12月10日
年齢:53歳
最終学歴:慶應義塾大学文学部

弓子さんは島根県出身で現在53歳の元アナウンサーの方です。イチロー選手の奥さんとして有名ですね。

学歴は、以下。

・松江市立朝日小学校
・中学校不明
・島根県立松江南高等学校
・慶應義塾大学文学部

大学卒業後にはTBSにアナウンサーとして入社します。様々なパーソナリティやスポーツ番組のコーナーにも出演し、長野オリンピックのキャスターなどもしました。

そんな中、1995年に放送された『イチローの気持ちはいつもフルスイング』というラジオで弓子さんはアシスタントを務めていました。この当時イチロー選手はオリックスの選手この仕事がきっかけで交際することとなったようです。

テレビでも対談をしたり、TBSのインタビューではイチロー選手が弓子夫人を指名するようになり、1997年8月から交際が始まったそうです。1999年1月にイチロー選手と弓子さんが結婚し、TBSを退社することに。

イチロー選手は弓子さんのことを話すリズムや価値観とか同じ空間に居て心地よく感じたということを語っていたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




弓子さんは結婚後はフリーアナウンサーになることはなく、専業主婦としてしばらくしていて、イチロー、弓子さん、犬の一弓のイニシャルを取って「IYIコーポレーション」という会社を設立し、不動産投資などの仕事をしていたようです。

若い頃の写真はこのような感じですね!

福島弓子さんのがんステージ4の噂は本当?

そして弓子さんの名前を検索するとなんと「がんステージ4」というキーワードがでてきました。

これはちょっとびっくりするキーワードですよね。

しかし、これまでに一切このような噂は立っていませんでしたし、このような情報が本当であれば、どこの番組もこぞって報道するかと思います。

それがないということはデマの情報ではないでしょうか?

もし本当であればさすがにびっくりなのですが、信憑性がないソース不明の情報かと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




栗山英樹監督との関係は?

栗山英樹監督といえば、日ハムの監督ですよね。福島弓子さんを検索すると出てくるのですが、なんと元交際関係にあったようなんです。

つまり弓子さんの元カレが栗山英樹監督ということだそうです。これはファンの中では有名な話なんだそうですよ。しかも、結婚目前とまで言われたほどの噂があったよう。

栗山英樹監督は現在結婚歴もない独身の方のようです。

福島弓子さんの実家は?

そして、弓子さんの実家に関してお金持ちではないかという噂があるようです。

出身が島根県松江市ですが、これまでに実家に関しての有力な情報はないみたいでした。

現在弓子さん自身会社経営しており、イチロー選手の収入がなくともお金持ちの生活を送っていけるほどだとは思います。

しかしこれと実家は関係はないはずです。

Sponsored Links
Sponsored Links




福島弓子さんの姉妹は?


名前:福島敦子(ふくしまあつこ)
出身地:島根県松江市
生年月日 1962年1月17日
年齢:57歳
最終学歴:津田塾大学
職歴:CBC⇒NHK⇒フリー

そして弓子さんには姉がいて、福島敦子さんという57歳のフリーアナウンサーの方です。

学歴は以下。

・松江市立第三中学校
・島根県立松江南高等学校
・津田塾大学

大学卒業後は日本航空の社員になってから、1985年にCBCに入社して、報道番組を担当していたようです。1988年にはCBCを退社してNHKに入ります。その後フリーアナウンサーとなったようです。

2003年には、NHK職員と結婚をしていますが、夫は婿養子に入っているようです。やっぱり実家はお金持ち!?

そして、2006年にはパナソニックの経営アドバイザー、2015年には名古屋鉄道の社外取締役にもなっています。

いきなり、経営に携わるなんて、もしかすると実家が経営者なのかな・・・?