クリストフジーン(テニスコーチ)の顔画像や経歴は?出身国籍はハイチで大坂なおみとの契約書写真や訴訟内容も



大坂なおみ選手が2011年にテニスコーチとして父親が雇っていたクリストフ・ジーン氏(christophe jean)が、当時要求していた報酬を受け取れない代わりに永続的に獲得賞金の20%を受け取るという契約をしていたとして裁判所に訴訟を起こしています。

クリストフ・ジーン氏は、当時の契約書の写しを持っているとしているそうで、大坂なおみ選手の父親のレオナルド・フランソワ氏が話し合いに応じなかった為に訴訟を起こしたということだそうです。

今回の記事では、大坂なおみ選手の元コーチであるクリストフ・ジーン氏についてプロフィールや国籍などまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

大坂なおみ選手が元コーチに訴えられる

テニスの世界ランキング1位の大坂なおみ選手が、子どものころのコーチに賞金の一部を支払うよう訴えられていたことが明らかになりました。

アメリカのニュースサイト「TMZ」によりますと、訴えたのは大坂選手が13歳だった2011年に父親がテニスコーチとして雇ったクリストフ・ジーン氏です。ジーン氏は当時、要求した報酬を父親から受け取れなかったため、賞金の20%を永久に受け取り続けるという契約をしていたと主張し、アメリカ・フロリダ州の裁判所に父親と大坂選手を訴えたということです。

これまでの大坂選手の獲得賞金は約12億円とされ、ジーン氏は少なくとも2億円の支払いを求めています。これに対し、大坂選手側の弁護士であるアレックス・スピロ氏は「馬鹿げた訴えだ」と対決する姿勢を明らかにしています。

出典:テレ朝NEWS

今回ジーン氏はこのような訴訟は起こしたくなかったということですが、大坂なおみ選手の父親レオナルド・フランソワ氏が直接話し合うことを拒み、弁護士を立てるように言われたことから今回のような事態になったそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




レオナルド・フランソワ氏の方に否がなければ、このようなことにはなっていなかったと思いますが、ジーン氏は契約書の写しを持っていると言っているようですから、この契約は本当だった可能性が高いと思われます。

大坂なおみ選手側はアレックス・スピロ氏という弁護士を立てており、大坂なおみが署名したこともないというバカバカしい契約だと主張しているようですが、これは父親が勝手にジーン氏と契約したものなので、どこまで契約として成立するかが難しいところだと思います。

それにしても永続的にもらうという内容はちょっと人としてどうかと思いますよね・・・

テニスコーチの契約書の内容

大坂なおみ選手が当時13歳だった時に契約した内容だと言いますが、この年齢だった為に父親だけで判断して契約してしまったのではないかと思われます。

当時お金がなかった為に、テニスコーチとしてお金を支払えないということで、ジーン氏は譲歩してコーチをし、その代わりに最低限の手伝いを求めるなどということもあったようです。大坂なおみ選手の母がボール拾いを手伝ったりなどそのようなことだったそうですが、あまりしていなかったという話でした。

2011年から2012年まで指導して今回の契約を結んだということです。


この書面の内容が、『大坂なおみ選手と大坂まり選手を代表して獲得賞金の20%を無期限で支払う』という条件に合意するというものでした。

画像のように『indefinite』という文字が期限が制限されていないことを示しています。これが契約の証拠となる可能性が高いですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




クリストフ・ジーン氏のプロフィール


名前:クリストフ・ジーン
英表記:Christophe Jean)
年齢:不明
国籍:ハイチ?
住所:フロリダ?

ジーン氏は、2011年から2012年まで大坂なおみ選手と姉の大坂まり選手のテニスコーチをしていた方のようです。

年齢など不明な部分は多いですが、調べるとプロテニスプレーヤーだったという記録はなく、アマチュアコーチなのかもしれません。

現在の仕事は、フロリダのポンパノビーチテニスセンターで学生にテニスを教えているということでした。

情報によれば、大坂なおみ選手の父親のレオナルド・フランソワ氏と同じハイチ出身だということで、元々親しい関係だったのかもしれません。なので国籍はハイチということかもしれませんね。

見た目からすると40歳以上ではないかという感じに見えます。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声