子供の卒業式に40代母親が着るスーツの着こなし方と無難なコーディネート


それでもやっぱりスーツ!

最近では卒業式でのお母さんの服装も多様化してきました。

スーツやワンピースに着物などがあり、またデザインもそれぞれに異なります。

選択肢が増えたので女性としてはオシャレの幅が広がってうれしいですよね。

ただその反面迷ってしまって何が自分に一番いいのかわからない・・・なんて方もいるのではないでしょうか。

正直いってしまえば子供が主役なわけですからスーツが一番楽で無難ですよね。

でも実はスーツも時代とともにデザインが少し違うのです!

タンスから引っ張り出してきた昔のスーツを着たら古臭いなんて思われちゃうかもしれません。

ではどんなスーツだといいのでしょう?

特に40代のお母さんのスーツの着こなし方にスポットを当てて見ていきましょう。

スポンサードリンク




着こなし方!
sutu2

やはりスーツをきるといっても若いお母さんと同じって訳にはいきませんよね。

あまり派手でも若作りしていると言われかねません。

地味すぎても年齢より上に見られてしまいます・・・。

本当難しいですが40代のお母さんが一番大事にしたといころはやはり少し落ち着いていて品があるのが理想です。

落ち着いてるからといって地味であるというのとは違います。

落ち着いてる印象を与えられるか地味と取られるかは着こなし方しだいです!

スポンサードリンク




無難なコーデははこれ!
sutu3

40代の女性はあまり目立たないけど古臭いとは思われたくない!と思っている人も多いはず。

では40代に丁度いいコーディネートとはどういうものでしょう。

まず色ですがこれはあまり明るいものは向きません。

もちろん真っ黒が言い訳ではありませんがピンクや白は避けたほうが無難でしょう。

ベージュやグレーなどがいいです。

派手すぎず地味すぎずのちょうどいいコーディネートが出来れば完璧
ですよね。

暗い色のグレーを着たときは白、明るい色のベージュの場合は黒色で逆の色をチョイスすると全体的にまとまりが出ます。

グレーもベージュも中間色なのでどこかではっきりさせてあげるのがいいです。

小物は明るいものを持ちましょう。

コサージュやカバンは少し明るい色でも大丈夫です。

白や薄いピンクなどを入れると少し若々しさも入って暗くなりすぎずおすすめです。

そのスーツだけというよりは全体的なバランスで足算・引算をしながら色を選ぶと無難でありながらオシャレなコーディネートになります。

まとめ

卒業式はとってもうれしいセレモニーですが悩むこともありますよね。

とくに女性は服装や髪型など卒業式のスタイルに頭を悩ませるお母さんも多いはず。

また、年代によっても悩みは変わってきます。

特に40代は今までになかった上品さを取り入れることがポイントになってきます。

色選びに気をつけて上品でオシャレなお母さんで今回の卒業式は出席しましょう!