竜聖くん次男6歳虐待の母親(福岡県春日市)は誰か特定?名前やfacebook顔画像と住所や父親がいる時はしていない犯行だった!



福岡県春日市に住む13歳の長男の竜聖くん6歳の次男が母親に蹴られて虐待されている様子をツイッターにアップしたことにより動画が拡散され、最終的に39歳の母親が逮捕されました。

動画をUPしたのは13歳の長男ということで、スマホをちゃんと扱えていて驚きでしたが、ちゃんと捕まってよかったですね。

今回の記事では、虐待の様子や母親や父親のプロフィールなどについてもまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

6歳の次男を母親が蹴って虐待

幼稚園に通う6歳の次男を何度も蹴ったとして、福岡県警春日署は8日、暴行容疑で、同県春日市の無職の母(39)を逮捕した。インターネット上に虐待の様子の動画が投稿され、発覚した。「(次男が)うそをつき、イライラして蹴った」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は5日昼、自宅で、次男の背中や腹を複数回蹴った疑い。次男にけがはなかった。

動画には、「何で同じことするんだよ」などと怒鳴り、横たわって泣く男児を蹴る姿が映っていた。県警に7日、動画を見た匿名の人から通報があり、調べていた。次男は「お母さんに蹴られた。背中が痛かった」と話しているという。

署によると、次男は中学生の兄(13)と両親の4人暮らし。事件当時、父親は不在だったとみられる。福岡児童相談所(春日市)は今回の事件を受け、長男と次男を保護した。

昨年4月に同署は、次男の目の前で母が長男につかみかかる虐待をしたとして児相に通告。児相は両親を指導した上で保護の必要はないと判断し、関係機関に注意を呼び掛けていた。児相は「当時、兄にひどい傷はなく、弟への暴力も確認されていなかった」としている。

出典:西日本新聞

今回13歳の中学1年の長男がヤバイと思ってツイッターに助けを求めた行動が凄いですよね。直接警察に連絡してもたった1人の声なので、すぐには警察も対応してくれなかった可能性もあります。

今回はツイッターで拡散したことによって、多数の人が警察に通報したことの力によるのが大きいのではないかと思われます。

当初はTikTok(ティックトック)に投稿後、ツイッターにもこの動画を投稿したようでした。

ちなみに現在竜聖くんが投稿したツイッターはこのような投稿だけ残っています。母親がお酒を飲んでいるという様子のようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




母親のプロフィール


名前:不明
年齢:39歳
住所:福岡県春日市

動画に掲載されていた母親は、ジャージ姿で茶髪の方のようです。年齢は39歳と判明しており、2人の子供は26歳と33歳の時に産んだ子供のようですね。

現時点で名前は判明していなく、SNSなども判明していません。

住所についても福岡県春日市ということだけがわかっています。

ネットの調査では、古川という名字や次男がいっせいという名前だとかいう噂が上がっていましたが、本当かどうかはまだわかっていません。

Sponsored Links
Sponsored Links




父親は虐待を知らなかった?

そして今回Mr.サンデーでは、子供の父親に直撃インタビューをした映像が流されました。

Qかつて通報されたことがあるというのは?

「一回長男が母親が羽交い締めにした。暴れないように羽交い締めにした時に長男が虐待だ虐待だと大騒ぎしたことがあって、それも警察の方で虐待じゃないって傷も何もないし親子喧嘩で」

Q(父親から見て)長男はどういう気持で動画をネットに上げた?

「息子と家内が喧嘩してそれを前の分を流したのかなっていう」

Qちょっと腹いせみたいな感じでお母さんに怒って仕返し?

「たぶん・・・」

Qああいうのはお父さんがいる時はなかった?

「見たことないね。仕事して出張に行ってそれは分からないから」

「あれは躾ではないなって見た瞬間にわかったんでショックで涙も出てこない」

「逆に言えば私が知ったので今後の対処方法を考えないといけないでしょ。そういうことがあったっていうのは現実なので」

Sponsored Links
Sponsored Links




これに対してネットでは様々な意見が出ているようですね。

多くの人がこの父親は他人事だと言っているようです。

しかし父親が言っていることも一理あると思います。出張や仕事で忙しいというのは、母親に育児を任せっきりになるのは仕方ないのではないでしょうか?

仕事で忙しい人は本当に忙しいです。そこを知らないのに父親も悪いだなんて意見は早すぎるのではないかと思います。

普段父親は家にいないでしょうし、これを改善するのには相当難しいのではないかと思われます。

もし子どもたちが家に戻ったとしても、父親は仕事で面倒は見れないと思いますから、家に戻るという選択肢はかなり難しいのではないでしょうか。