河合来夢(かわいらむ/Ram/ブレイクダンス)のプロフィールや出身中学高校は?母親や家族と練習場所は溝の口駅?



2024年パリ五輪の追加競技となったダンススポーツ・ブレイキン(ブレイクダンス)で注目されているRam(ラム)こと河合来夢(かわいらむ)選手。

2018年のユース五輪で初めて競技大会として実施されましたが、その個人種目と混合団体でいきなり優勝するという快挙を成し遂げました。

今回の記事では、2024年のパリ五輪で金メダルが期待される河合来夢選手のプロフィールや家族、ブレイクダンスについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

河合来夢選手のプロフィール


名前:河合来夢(かわいらむ)
生年月日:2001年4月11日
年齢:17歳
身長:156cm
体重:56kg
出生地:神奈川県横浜市

河合選手は神奈川県横浜市出身の17歳の高校2年生です。ブレイクダンスを競技として行っています。

母の勧めで5歳の時から川崎のスタジオでブレイクダンスを習い始めたそうです。というかいきなりブレイクダンスを習わせる親すごくないですかw

小学4年生からはヒップホップにも取り組み、大会にも出場するようになったとか。性格は負けず嫌いだそうで、難しいダンスの動きもこの性格でどんどん上達したようです。さらにそこから世界屈指のブレイクダンサーの指導を受けるようになったとのことです。

中学3年生になるとプロダンサー集団の「フローリアーズ」というダンスチームのアカデミーに入ることに。そして、ブレイクダンスの世界大会「BATTLE OF THE YEAR」で3連覇の一員にもなったそうなんです。

シニアの中に1人こんな若い人が混じって一緒になっているのは凄すぎますよね。

そして2018年のユース五輪で初めて競技となった第1回目のブレイクダンスの大会で、個人そして混合団体でも優勝を果たしました。

Sponsored Links
Sponsored Links




河合来夢選手の出身中学高校は?

河合選手の中学と高校ですが、現在の高校は、神奈川県立百合丘高等学校の2年生で、4月で3年生になる予定です。

百合丘高校はダンス部の強豪校だそうで、このように競合中の強豪校です!

2010年:東日本大会優勝
2011年:全国大会準優勝
2012年:全国大会優秀賞
2014年:全国大会準優勝
2015年:全国大会準優勝
2016年:全国大会優秀賞

河合選手はブレイクダンスをしているので、ダンス部に所属しているかわかりませんが、学校自体もダンスが強いなんて凄いですよね。

そして中学校についてですが、色々調べてみましたがわかりませんでした。

横浜市出身で百合丘高校に通っていることからも、神奈川県内の中学校だったのではないでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links




河合来夢選手の母や家族は?

母親以外の家族の情報は不明でしたが、母親に関してはすごく素敵なエピソードがありました。

母親は運動が苦手だそうで、「自分の子供には運動の楽しさを知ってほしい」という理由で自宅近くのダンススタジオに連れて行ったのがきっかけだったんだとか。

これ聞くともうめちゃめちゃ良い親ですよね・・・だって自分が運動できなかったら、普通運動嫌いになるはずが、そうではなく自分の子供には、と連れて行ったんですから。

中々こういう思考になれないと思いますよ。とっても良い親だと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




河合来夢選手の練習場所は溝の口駅?

河合選手のことを調べると皆さんどこで練習しているのか気になっているようでした。

調べると、河合選手の関連キーワードに溝の口駅というキーワードがありましたが、河合さんが所属する「フローリアーズ」が練習拠点にしていた場所らしく、ここの近くにフローリアーズのアカデミーであるコミュニティ・スタジオ「We Are」があるとのことでした。

ということは、河合選手はここで練習していたということですよね。

5歳からブレイクダンスをしてきたということですから、既にブレイクダンス歴は12年です笑

やはりオリンピックなどに出場する人は小さい頃からやっていますよね!