金田充史(南野陽子夫旦那)の銀座クリニック(医療法人)の名前や場所は?経歴国籍は韓国で離婚歴と暴力や1億8千万横領で刑事告訴!



週刊文春の報道で、南野陽子さんの夫である金田充史(かねだあつし)さんが経営に携わっていた銀座のクリニックで約1億8000万円の所在が不明となり、業務上横領で刑事告訴されるとわかりました。

南野陽子さんもこのクリニックに訪れていたようで、クリニックの理事を務めるA氏も南野陽子さんの夫だからと信用していたとのことでした。

今回の記事では、南野陽子さんの旦那の顔画像やプロフィール、経歴学歴や国籍と経営に関わる銀座のクリニックについて調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

南野陽子さんの夫が刑事告訴

女優・南野陽子(51)の夫であるX氏(47)が、昨年から経営に携わっていた銀座のクリニックで約1億8000万円が使途不明となり、近く刑事・民事で告訴されることが「週刊文春」の取材で分かった。

クリニックの理事を務めるA氏が被害について説明する。

「Xは昨年8月の開業時から事務長を務めており、お金の管理は彼に任せていました。すると、開業して約3カ月後から医薬品や電子カルテの業者、さらには家賃に年金、社会保険料まで、支払い督促の通知が次々と届くようになった。Xを何度も問い詰めましたが、『払う払う』と言い訳するばかり」

X氏は今年1月末からクリニックに来なくなり、音信不通に。A氏がX氏の荷物を整理すると、南野の父親宛ての金融会社からの督促状や、医療費の支払督促状などが出てきたという。

「行方の分からなくなったお金は、現在把握しているだけでも1億8千万円ほどにのぼります。警察にも相談しており、証拠が整い次第、X氏を業務上横領で刑事告訴し、民事でも損害賠償請求を起こす予定です」(A氏)

出典:週刊文春

南野陽子さんの夫である金田充史さんが経営に関わる銀座のクリニック約1億8000万円が使用用途不明になり、2019年1月からは音信不通にもなったということです。

このことから銀座のクリニックの理事の方が金田充史さんを業務上横領で刑事告訴をするということでした。

金田充史さんのことを調べると、この件や他の件についても色々悪い噂があるような感じでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




金田充史さんのプロフィール


名前:金田充史(かねだあつし)
生年月日:1971年
年齢:48歳ほど
出身地:和歌山県
出身大学:東海大学卒

金田さんは、現在48歳ほどで、南野陽子さんの旦那さんです。和歌山県出身で学歴は東海大学を卒業しているようです。

南野陽子さんと結婚したのは2011年3月のことだったようです。しかし、時系列がおかしいとも言われているようなんです。

なぜかというと、金田さんは結婚して離婚経験があるのですが、前妻と結婚したのが2010年9月のことだったそうで、離婚したのが2010年12月とのことでした。

これが正しければ、前妻と離婚してからたった3ヶ月の間で南野陽子さんと再婚したこととなり、前妻と結婚している中で南野陽子さんとも交際していたのではないかという疑惑が残ります・・・

また別の話では、2人は半年の交際を経てに結婚したと言われているので、おかしいと感じてしまいます。ちなみに出会いは焼肉店だったようです。

そして、金田さんは、現在は倒産していますが、株式会社マリオネットという人材派遣会社を経営していたようです。南野陽子さんの結婚指輪も1000万円だったとも言われており、年収はそれなりにあったと思われます。

国籍についてですが、「金田」という名字から、韓国ではないかという疑惑が持ち上がっていると思われます。しかし、国籍についての情報はありませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




金田充史さんの過去の不祥事がヤバイ?

金田さんは今回、2018年8月に開業したという銀座のクリニックで事務長を務めていたと週刊文春の記事では書かれてありますが、他にも色々と不祥事があったようです。

金田さんの横領疑惑については、2016年に事務局長として就任したという医療法人について、経理を任せていたようです。そこで、2016年12月に融資を受けていた銀行からお金が引き落とせなかったと連絡があり、医療法人側が金田さんに聞いた所、ネットバンクを使い他から回したと回答があったようです。しかし、結局引き落としがされなかったようです。

さらに2017年1月には、血液検査の請負業者から検査料が振り込まれていないと連絡があり、金田さんに確認したところ、適当な回答しか返ってこず、その医療法人では、従業員の給与以外の支払いがされていなかったそうなんです。経理なのにこれはヤバすぎます。

さらに金田さんが会社の口座から2億円ほどのお金を引き出していた、9000万円以上が用途不明になっていたということもあったそうで、横領疑惑があったようです。

この時の医療法人と今回の週刊文春の銀行のクリニックは開業時期が違いますから別の話だと思いますが、横領については似たような金額、出来事となっています。

多数の会社から横領していた疑惑がありますね・・・

さらに2018年2月には、今回のとは別のかわかりませんが、銀座のクリニックにて、男性従業員に竹刀で暴行を加えてなんと全治2週間の怪我を負わせていたとのことで、被害者の男性が告発をしていたそうです。

この告発を受けて、これまで泣き寝入りしていた被害者たちがこぞってマスコミに金田さんの悪事をタレコミしだしたそうです。他にも2015年には、銀座のホステスに500万円の売掛金を残した末に妊娠させたということも報道されていたようです。

他にもクリニックの内装工事代金700万円の未払い、芸能事務所元社長からの借金290万円など、裁判を起こされていたそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




金田充史さんの銀座クリニックはどこ?

では、今回週刊文春で報じられた銀座のクリニックは、どこのクリニックなのでしょうか?2018年8月に開業したということで、まだ1年未満のクリニックですから、新しいですよね。

ネットでは「近田クリニック」という名前が挙がっていますが、これはデマかと思われます。検索しても出てこないクリニックです。

多分過去のニュース記事で金田さんの仮称が「近田優司」で紹介されていたことからこの名前をとったのでしょう。

銀座にはたくさんのクリニックがありますから、現時点で特定することはできませんでした。