犬(ラブラドール)蹴り上げ虐待動画の飼い主の名前や顔画像が特定?京都の住所や性格のヤバさと警察出動で紫友会が保護!



京都市内で撮影されたラブラドール・レトリバー犬の零(レイ)ちゃんが、飼い主との散歩中に2度も蹴り上げられる動画が拡散して、警察が出動し保護されることとなった件が話題になっています。

動物保護団体の紫友会が広島市から京都市に向かい、飼い主を特定して警察に通報したことから保護できたといいます。

今回の記事では、京都市の虐待飼い主が犬を虐待した内容、飼い主のプロフィール、そして動物保護団体の紫友会の活躍について調べてみました。



飼い主が犬を蹴り上げる動画が拡散

まずは、京都市でラブラドールの飼い主が犬を蹴って虐待をしている動画が拡散し、最終的に保護されたことを報じているニュース記事を引用したいと思います。

散歩中に飼い主が犬を蹴り上げる衝撃の映像。動画がツイッターに投稿されると、瞬く間に波紋が広がり、警察が出動する事態となった。

京都市内で8日に撮影され、ツイッターに投稿されると、再生回数が瞬く間に437万回を超えた動画。犬を散歩させている1人の女性が、次の瞬間、犬のおなかあたりを思い切り蹴り上げた。

その場に倒れ込み、飼い主を見上げる犬。その後、再び歩き出したが、わずか10秒後、女性は、またしても犬を蹴り上げた。2度にわたる、飼い犬への暴行。

この様子をカメラに収め、ツイッターに投稿した撮影者は「直接注意することは怖くて、できなかったので、SNS上に載せて」と話した。ツイッターで拡散するこの動画を目にして、広島で活動する動物保護団体の女性が行動を起こした。

動物保護団体・紫友会の川村紫代表は「血が逆流するような怒りと悲しみですよね。このワンちゃんをすぐ助けに行きたい」と話した。

女性は動画投稿翌日の9日、車でおよそ5時間かけ、広島から京都市内に急行。地図アプリと動画の風景を照合し、ついに現場を特定した。

動物保護団体・紫友会の川村紫代表は「現場を押さえたので、警察に連絡をして。(『現場を押さえた』ということは、飼い主はその時点で犬を蹴っていた?)そうですね」と話した。

女性は、飼い主から犬を引き取り保護。犬はラブラドルレトリバーで16歳、高齢のメスだった。ひざには傷があったほか、重度の膀胱炎の症状なども見られたという。

犬を蹴った飼い主の女性は「虐待違います。しつけです。たった1回きりのしつけを見られてね、そんなこと(保護)をされてね、ひどいでしょ?」と話した。

犬が保護されたのを受け、撮影した男性のツイッターには「SNSの良い拡散例です」といった声が。犬は今後、動物保護団体の女性のもとで飼われるという。

出典:関西テレビ






今回拡散された動画は、京都市でラブラドールで今回ほど団体に「レンちゃん」と名付けられた16歳のメスであり、散歩中に2度もお腹を蹴り上げている動画です。

犬を蹴ったとされる飼い主は虐待ではなくしつけだと言いますが、では自分が同じように蹴られたとしたら、しつけだと思うのでしょうか?

そしてたった1回だけのしつけを見られたとも言っていますが、犬の膝には傷があり、さらに重度の膀胱炎もあったといいます。これは絶対1回だけではないですよね。

ラブラドールの飼い主は誰?

まず、住所は京都市ということですが、ここまでしかわかっていませんでした。そして当時、動物保護団体・紫友会の川村紫さんが地図アプリと動画を照合して現場を特定したということです。

さらに川村さんが向かった時にもなんと犬を蹴り上げていたようで、現場を押さえたので警察して捕まえてもらったとのことでした。


では気になる今回虐待をしていたラブラドールの飼い主についてです。

そして捕まえるまでの流れが、このようになっています。

・川村さんが現場で待機
・飼い主女性がリードで引っ張り、蹴る
・警察へ通報
・飼い主の女性宅へ
・扉が開くと包●を振り回す
・飼い主の夫の承諾を得て犬を保護

まさかここまでしていたなんてびっくりです・・・ヤバくないですか?

残念ながら、この女性の名前や顔画像などの特定には至りませんでした・・・






飼い主は近隣トラブルもある危険人物だった!?

そして、この飼い主の細かい情報は特定には至りませんでしたが、色々と悪い噂がされている方だったようで、ヤフーニュースのコメント欄にこのような書き込みがありました。

ニュースで見ましたが、飼い主は少し変わった人のようです。
近隣の人とも揉め事が絶えなかったとか。

この人
これだけじゃない近隣トラブルも多々ある
危ない人

レイちゃんは保護されて良かったですが
この人
危険度かなり高い

つまり近隣トラブルがあるようなヤバイ性格をしていたということです。近所では有名だったんですね。

レイちゃんは16歳ですから、病気の状態を見ても長年虐待されてきたものと思われます。逆によく16年間も生きてこれたというくらいの内容ですよね。

夫も夫で多分お世話をしていなかったのか、犬の状況に気づかなかったのでしょう。






動物保護団体・紫友会とは?


そして今回レイちゃんを保護した動物保護団体の紫友会についてです。紫友会は川村紫さんが運営している動物保護団体です。

運営は2011年からのようで、動物保護だけでなく、災害支援活動や人道支援活動も行っている団体のようです。ですので動物保護団体というくくりだけではなさそうです。

拠点は広島市であり、動物保護に関しては、関西支部と連携して活動しているとのことで、手広い活動が行われているんですね。

保護犬に関しては広島県愛護センターから引き出し、飼育管理、譲渡までを行っているとか。

川村紫さんのプロフィールについて、細かくは不明ですが、大阪府門真市出身で広島市在住とのことでした。