四十宮直樹(よそみやなおき/昭和大学医学部)のfacebook顔写真や出身高校は?両親(家族)の職業とタイ人女性にトルクレンチを使用する奇行!?



東京都台東区のホテルでタイ国籍の派遣型風俗店のアルバイトのセーンネ・パニダさん(19)をトルクレンチを使って死亡させたとして、昭和大学医学部2年生で千葉県船橋市前貝塚町に住む四十宮直樹容疑者(よそみやなおき・20)容疑者が逮捕されました。

2018年12月18日に起こした事件で、事件後ホテルの窓から飛び降りて怪我をしたようで入院していたということだそうです。

今回の記事では、四十宮直樹容疑者のプロフィールやfacebook・twitterなどのSNS、親の職業などについてまとめてみました。



ホテルで風俗店女性が死亡

まずは、四十宮直樹容疑者が逮捕されるまでの経緯を報じているニュース記事を引用したいと思います。

ホテルで女性を◯害したとして、警視庁は9日、昭和大医学部2年、四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)=千葉県船橋市前貝塚町=を◯人容疑で逮捕し、発表した。「棒を使って強くたたき過ぎて女性が亡くなった。◯すつもりはなかった」と◯意を否認しているという。

 下谷署によると、容疑は昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区根岸1丁目のホテルの一室で、タイ国籍の派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん(当時19)=同区=に◯行を加え、◯害したというもの。四十宮容疑者は暴行を加えた直後、ホテルの窓から飛び降り、入院していた。

 現場に残された四十宮容疑者のリュックから、セーンネさんの血がついたトルクレンチが発見されていた。四十宮容疑者は、大学を出て雑貨店でトルクレンチを購入し、ホテルに向かっていたという。署は、トルクレンチでセーンネさんの頭部を◯るなどしたとみて、動機とともに調べている。

出典:朝日新聞

四十宮容疑者は大学2年生ということですが、わざわざトルクレンチを購入して、ホテルにデリヘルを呼んだというのは初めから何かをしようという目的ですよね。それにも関わらず、容疑を一部否定しているのですから、おかしいことです。

トルクレンチを購入しているのに、おかしな回答ですよね。そして、大学生なのにデリヘルを呼ぶお金があるなんて、家がお金持ちでないとこのようなことはできないのではないでしょうか。

学校からそのままトルクレンチを買ってホテルに向かったようですから、バイトをしていない可能性もあります。そうだったとすれば、お金持ちの親から多くのお小遣いをもらっていた可能性があります。






ホテルの名前や場所については、東京都台東区根岸1丁目のホテルということで調べてみましたが、ホテルの数が多すぎました。場所は鶯谷駅の目の前のようでした。

四十宮直樹容疑者のプロフィール


名前:四十宮直樹(よそみやなおき)
生年月日:
年齢:20歳
所属:昭和大学医学部2年生
住所:千葉県船橋市前貝塚町

四十宮容疑者は、千葉県船橋市に住む20歳の昭和大学2年生です。医学部ということですから、医者を目指していたものと思われます。このような人が将来医者にならなくてよかったですね。

出身高校や中学に関しては、不明でしたが、もし現在住んでいる船橋市が実家であれば、その周辺の中学高校に通っていたかもしれません。昭和大学は船橋市から遠いと思われますから、実家以外にここに住んでいる意味はないですからね。

ちなみに住所の千葉県船橋市前貝塚町はこちらです。東武アーバンパークラインの塚田駅に近いですね。






四十宮直樹容疑者のfacebookやtwitter

四十宮容疑者のfacebookやtwitterですが、名前を漢字や英語で調べてみても特定には至りませんでした。

珍しい名字ですから、一発でわかると思います。しかし、調べてみても検索に引っかからなかったということは、特にfacebookはやっていないと思われます。

twitterについては、本名でやる人は少ないでしょうからこの名前で検索しても出てこないとは思いますが昭和大学や他のキーワードで調べては見ましたが特定には至りませんでした。

四十宮直樹容疑者の両親家族は?

そして、四十宮容疑者の家族についてです。昭和大学は、以前一部の試験で合格者を決める際に親族が昭和大学の卒業生だった場合加点して合格させるようなことをしていました。

当時、高須院長もこれに対しては、「医師の家庭に育った学生は医師になる心構えができている」などと昭和大学のやり方に賛成していました。

このことからも昭和大学の生徒は、親も医者だったという確率が高いと思われます。現時点で、四十宮容疑者の親の職業は判明していませんが、医者という可能性は高いのではないでしょうか?