辻元清美の外国人献金の韓国人弁護士は林範夫(イムボンブ)と特定?顔画像や経歴プロフィールと一心法律事務所所属と判明!



立憲民主党の辻元清美氏の政治団体が2013年と2014年に支援者の韓国人弁護士の男性から献金を受けていたことがわかりました。

政治資金規正法では外国人献金を禁止しているということで問題になっていますが、今回この韓国人弁護士が林範夫(イムボンブ)という方だと特定されたようです。

そこで今回の記事では、辻元清美氏に献金していた林範夫(イムボンブ)氏のプロフィールや顔画像など献金に至った経緯など調べてみました。



辻元清美氏の政治団体が外国人献金を受けていた

まずは、辻元氏の政治団体が外国人献金を受けていたと報じたニュース記事について引用したいと思います。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が2013、14両年に外国籍の支援者から献金を受けていたことが6日、分かった。

 政治資金規正法は外国人献金を禁止しており、11年には前原誠司外相(当時)が在日韓国人からの献金を理由に辞任している。辻元氏は記者団に「ショックだ」と述べたが、辞任は否定した。

 辻元氏によると、弁護士の男性から13年5月に1万円、14年6月に1万2000円の献金を受けた。その後、この人物が外国籍と判明したため、13年分は本人に返却。14年分は国籍を問わない「後援会会費」に訂正した。男性と面識はないという。 

出典:時事通信

まず、今回立憲民主党の辻元氏の政治団体が、韓国人弁護士から献金を受けていたことが明らかになり、政治資金規正法に違反しているとの内容が報じられました。

これによって辞任した例も過去には出ているようですが、今回辻元氏は、まず韓国人だったということを知らなかったそうです。なので、外国籍と判明したので献金の返却などをしたようです。

面識もないとのことで、こういった例はわざと外国籍の人が献金した場合、その政治家は失職する恐れもありますよね。献金を受け取る場合は事前にしっかり国籍確認をしたほうが良いということですね。






献金した韓国人弁護士は林範夫(イムボンブ)と特定?

では今回、誰が辻元氏の政治団体に献金したかというと、既にネットでは、特定されているようでした。

それは、一心法律事務所に所属している、林範夫(イムボンブ)という方なんだそうです。資料によると、以下のように、複数回の献金があり、取り消したと見られる形跡もあるようでした。


この資料の中で韓国籍の弁護士が、林範夫という方だったということですね。他に項目を見てみると、北原みのりさんという方は10万円、廣井誠さんという方は20万円の献金をしていたことがわかります。

どうやってこのような寄付が集まってくるんでしょうね。辻元氏によると、林範夫氏とは面識がないとのことでしたから、直接的な繋がりはないのにも関わらず寄付をしていたという事例もあるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




林範夫氏のプロフィール


名前:林範夫(いむぼんぶ)
生年月日:1963年
年齢:55歳ほど
国籍:韓国
出身:三重県上野市
職業:弁護士

林範夫氏は現在55歳ほどの弁護士です。今回の報道で国籍は韓国ということがわかりましたが、出身は三重県ということだそうです。在日韓国人ということでしょうか。

中学高校などの学歴は不明ですが、大学は、大阪市立大学ということだそうです。また、ソウルへ留学をしており、韓国法曹界との交流もしていたそうで、韓国の弁護士会から功労牌を授与されたことがあるとか。

現在の所属団体としては、このような団体があるそうです。

・NPO法人コリア人権生活協会
・近畿人権協会
・世界韓人弁護士協会
・在日コリアン弁護士協会
・大阪弁護士会

林範夫氏は2003年から『一心法律事務所』という弁護士事務所を設立しているようで、HPを見てみると、所属弁護士が林範夫氏のみとなっています。事務員は日本人の名前でしたが、韓国関連の仕事もあるので、韓国語が話せるような事務員となっているようです。

また、『一心法律事務所』という名前の『一心』は韓国語のハンマウムという単語に由来しているとか。『一つの心で』、『心を合わせて』という意味があり、事務所スタッフ全員がお客様と心を一つに合わせて誠実なリーガルサービスを提供したいという思いでつけたようです。