常岡浩介氏の結婚した妻(嫁)は大高未貴?中島麻美?左翼スパイ疑惑や講演と安田純平との関係も



フリージャーナリストの常岡浩介さんが外務省から旅券返納命令を受けて、内戦が続いているイエメンへの出国が禁じられたことがわかりました。

外務省は具体的な回答は差し控えていますが、安田純平さんの件もありますからおおよそ人質にとられることによる防止策ではないでしょうか。

今回の記事では、常岡浩介さんのプロフィールや旅券返納命令が下った経緯、妻や安田純平さんとの関係なども調べてみました。



フリー記者常岡浩介さんが出国禁止に

まずは、常岡浩介さんがイエメンへの出国が停止された経緯についてニュース記事を引用します。

中東イエメンの取材を予定していたジャーナリストの常岡浩介さん(49)に、外務省が旅券の返納を命じていることがわかった。外務省は取材に「個別事案について回答は差し控える」としている。命令は2日付。常岡さんは命令を拒否している。

 常岡さんによると今月、羽田空港からカタール、スーダン経由でイエメン入りし、同国の飢餓問題を取材する予定だった。国連世界食糧計画(WFP)や国際NGO「国境なき医師団」への取材申請も済ませていたという。ところが2日午後の出国審査で「旅券の返納命令が出ている」と告げられた。

 常岡さんは1月半ばにイエメン取材を試みた際、経由地のオマーンで入国が許可されず、日本に帰された。旅券法は、渡航先の法律によって「その国に入ることを認められない者」には旅券の返納を命ずることができるとしており、返納命令書ではオマーンへの入国禁止の件が理由となっていた。

出典:朝日新聞

こちらの記事では、羽田空港からカタール、そしてスーダン経由でイエメンへ向かうルートだったようです。しかし、羽田空港の出国審査で自動化ゲートにパスポートをかざしたところ、「このパスポートは登録されていません」と表示されたとか。

そこで、入国管理局が外務省に問い合わせた結果旅券返納命令が出ていることがわかったそうです。常岡さんが電話をとった所「旅券法13条第1項に基づいた旅券返納命令が出ている」とのことを言われたそうです。






イエメンへの取材を妨害された?

今回常岡さんは、イエメンの正規ビザを取得しており、1月にもオマーン経由でイエメンに向かったが入国を拒否されていたようです。

オマーンでは、ブラックリストに載っていないので入国できるということだったそうですが、なぜか入国できなかったそうです。

その後の調べて、日本大使館からオマーン警察に対して情報共有があったことで、オマーン警察が入国管理局にはたらきかけて入国を拒否したんだそう。

つまり、日本からの働きかけで、イエメンへの入国を阻止されたということですね。

今回で2例目だった

海外取材で日本政府が旅券を取り上げた例は、2015年にトルコシリア方面を取材しようとしていた杉本祐一さんに次いで2例目なんだそうです。

日本の憲法では、渡航の自由や言論の自由などがありますが、今回の場合は、日本人を保護するためにこのような事例をとったものと思われます。

取材したいのはわかりますが、その後もし捕まった場合は、日本政府が対応しなくてはいけませんから、日本政府としては辞めてほしいことですよね。

捕まった後、日本政府が何もしなければ、色々と批判が出るでしょうから、そもそもそういう場所に行ってほしくないという考えでしょう。






常岡浩介氏のプロフィール


名前:常岡浩介(つねおかこうすけ)
生年月日:1969年7月1日
年齢:49歳
出身:長崎県島原市
職業:ジャーナリスト

常岡氏は長崎県島原市出身で現在49歳のフリージャーナリストです。

学歴はこちら。

・青雲高等学校
・早稲田大学人間科学部

ということで、卒業後には長崎放送報道部記者になりました。4年後に退社して、フリージャーナリストとなります。

1998年からイスラムの戦場の取材を行っており、2000年にはモスクワでイスラムに改宗しています。2001年には、ジョージア、アブハジア取材中に行方不明となりましたが、ジョージア政府から日本大使館に引き渡されました。

その後の経歴はこちら。

2004年:ロシアイングーシ共和国で携帯GPS所持により身柄拘束。ロシアを国外退去
2010年:アフガニスタン取材中に誘拐されるも5ヶ月後に解放
2011年:パキスタン取材中にパキスタン秘密警察ISIに拘束。強制送還により帰国
2016年:クルディスタン地域政府に拘束。その後解放

これを見ると何度も拘束されているんですよね。警察ならまだわかりますが、誘拐なんてものはやばいですよね。

「左翼」「スパイ」などというキーワードがありましたが、詳しくはわかっていません。






常岡浩介氏の結婚した妻は?

常岡氏は現在は結婚していないようです。しかし、調べると、以前結婚はしており、離婚をしたようです。その時の妻はどのような方だったのかは不明です。

また、検索キーワードに大高未貴、中島麻美という名前がありました。

大高未貴さんは、50歳ほどのジャーナリストであり、トルコやイスラエルの国際親善の仕事をしたり、アフガニスタンに単独潜入したり世界100カ国以上も取材した方なんだそうです。2010年に結婚して子供もいるようです。

中島麻美さんは、一緒に講演をしたことがるようで、出版社で編集者をしている方のようです。週刊新潮というキーワードがありましたね。

常岡浩介氏と安田純平さんの関係は?

二人は同じく拘束されたことがある人達です。海外での戦争などを追っている所に共通点がありますね。ですので講演でも一緒になったことがあるようです。

当時安田純平さんが拘束されたことについて、常岡氏はこのようなことを話していたようです。安田純平さんのことではないですが、身代金をとって山分けしようぜという誘いに乗ったら待遇が良くなったという事例があるんだとか。

これもすごい話ですよね。でも助かるならこのようなことをしなくてはいけない状況もあるかもしれません。