矢部雅彦次長(指導課長/野田市教育委員会)の顔写真や経歴は?栗原勇一郎に心愛ちゃんのアンケートを渡してしまう大失態!



千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛ちゃんが父親の栗原勇一郎容疑者に虐待を受けて死亡した事件。

栗原勇一郎容疑者に威圧的な態度をとられたために、野田市教育委員会の矢部雅彦次長は恐怖して、心愛ちゃんが「父からいじめを受けている」と書かれたアンケートのコピーを渡してしまっていたことがわかりました。

これによって、心愛ちゃんは別の学校に転校させられ、さらに情報開示を要求する念書も書かせられていたことも判明しました。

今回の記事では、栗原勇一郎容疑者に心愛ちゃんのアンケートを渡してしまった野田市教育委員会の矢部雅彦次長について、プロフィールやアンケートを渡すまでの経緯や理由などご紹介します。

栗原なぎさ(心愛ちゃん母親)のfacebook顔写真が可愛い?経歴職業や夫栗原勇一郎と共に暴行に関与で逮捕!

2019.02.04

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の妻(嫁)や会社(仕事)は?顔写真やfacebookと沖縄滞在で虐待を隠蔽?

2019.01.27

栗原勇一郎の勤務先会社はOCVB(沖縄観光コンベンションビューロー)と特定!仕事経歴は嘱託職員でイベント運営業務!

2019.02.05

栗原勇一郎の生い立ちは学生時代から女の子や実妹をいじめていた!実家や小学校中学校も特定でリコーダーを便器に流す&上履きや教科書隠しをするサイコパスな性格だった!

2019.02.05

Sponsored Links
Sponsored Links

教育委員会が心愛ちゃんのアンケートを渡してしまう

まずは栗原勇一郎容疑者に心愛ちゃんのアンケートを渡した経緯が説明されているニュース記事を引用したいと思います。

千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、41歳の父親が傷害の疑いで逮捕された事件で、女の子が「父からいじめを受けている」と訴えた小学校のアンケートのコピーを、市の教育委員会が父親からの要求を受けて渡していた問題について、教育委員会の担当者は31日の会見で「配慮が足りないだけでは済まされない、取り返しのつかないことをしてしまった」と謝罪しました。

千葉県野田市は31日午後、鈴木有市長や教育委員会の担当者らが記者会見を開き、はじめに鈴木市長が今回の事件で小学4年生の栗原心愛さん(10)が亡くなったことについて「これから人生が始まる心愛さんの命を救えず、誠に申し訳ございません」と陳謝しました。

会見によりますと、心愛さんの一時保護が解除されたあとの去年1月12日、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が妻とともに小学校を訪れた際、「娘に暴力は振るっていない。一時保護といって子どもを引き離された者の気持ちがわかるか」などと抗議しアンケートの回答を見せるよう強く迫ったということです。

その3日後に栗原容疑者が市の教育委員会を訪れた際にも威圧的な態度で要求したということです。

アンケートを渡した教育委員会の矢部雅彦次長は、「恐怖感を覚え精神的にも追いつめられて影響を深く考えられなかった。守れる命を守れなかったと考えると配慮が足りないだけでは済まされない、取り返しのつかないことをしてしまった」と謝罪しました。

矢部次長は上司の教育長をはじめ、児童相談所などにも相談していなかったということです。野田市は今回のアンケートは渡してはならない情報で市の情報公開条例に違反するとして、関係者の処分を検討しています。

出典:NHK

千葉県野田市で栗原勇一郎容疑者に虐待を受けて死亡した小学4年生の心愛ちゃんが書いた、小学校で行われたいじめに関するアンケートについて、野田市教育委員会は栗原勇一郎容疑者に渡してしまっていました。

これは本当に残念なことで、さらに心愛ちゃんへの虐待が悪化したり、虐待が外からわからないような対策がされたりしたと思います。

心愛ちゃんがアンケートに書いた内容がこちら。

「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。」

さらにアンケート冒頭では、このようにも書かれてあります。

「このアンケートは、みなさんが、いじめのないたのしいがっこうせいかつができるようにするためのものです。ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください」

つまりこのアンケートで言われていることを野田市教育委員会は守らなかったということです。

いくら栗原勇一郎容疑者に威圧的な態度をとられたとは言え、自分たちの保身の為にアンケートのコピーを渡してしまったことが、心愛ちゃんのさならる虐待に繋がったのではないかと想像されます。

Sponsored Links
Sponsored Links




念書も書かせられていた

さらにこのようなニュースもありました。

心愛さんが通っていた野田市立山崎小学校と市教委は、その3日前、一度はアンケートを渡すことを拒んだとしている。

 しかし、栗原容疑者はおさまらず、言葉を荒らげて訴訟をちらつかせたり、ボイスレコーダーを机上に置いたり、情報開示を約束させる「念書」を要求したりしたという。

 そうした中で、大人たちの心に、心愛さんを絶対に守り抜かねばならないという思いはどの程度残っていたか。

 小学校は栗原容疑者の求めるままに翌日、校長名で念書を出した。

 矢部課長は「私の判断で守れる命も守れなかったと考えると……。取り返しのつかないことをしてしまった」と話した。

出典:朝日新聞

栗原容疑者は情報開示を約束させる念書を要求していたとか。そして、小学校は校長名義で念書を出したといいます。

これに関しても子供を守るという意志が本当に欠けています。今後のアンケート情報も全て開示すると約束しているようなものですし、本当に小学校や教育委員会の対応は子供第一ではないことがわかります。

栗原容疑者に威圧的に対応されたからといってそのような行動をするのは、絶対に間違っていますよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




矢部雅彦次長のプロフィール


名前:矢部雅彦(やべまさひこ)
年齢:不明
所属:野田市教育委員会・学校教育部次長兼指導課長

矢部次長のプロフィールや経歴はほとんど不明でした。現在は野田市教育委員会に所属しています。

名前を検索すると「野田市立岩名中学校 第11代矢部雅彦校長」という内容が掲載されていました。過去には校長だった経験もあるようです。

好調になるくらいですから、現在は50代以上の年齢ではないでしょうか。

今回、栗原容疑者の威圧的な態度に屈して、アンケートのコピーを渡す判断をした張本人ということで、かなり責任が重いです。

矢部次長は、このアンケートを渡す判断を上司の教育長にも相談せず、児童相談所にも相談していなかったことがわかっていますから、その場の考えだけで行動してしまったとわかります。

精神的に追い詰められたことはわかりますが、子供を守るという気持ちがしっかりあれば、そのような判断は絶対にしなかったと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

栗原勇一郎の勤務先会社はOCVB(沖縄観光コンベンションビューロー)と特定!仕事経歴は嘱託職員でイベント運営業務!

2019.02.05

栗原なぎさ(心愛ちゃん母親)のfacebook顔写真が可愛い?経歴職業や夫栗原勇一郎と共に暴行に関与で逮捕!

2019.02.04

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の妻(嫁)や会社(仕事)は?顔写真やfacebookと沖縄滞在で虐待を隠蔽?

2019.01.27

栗原勇一郎の生い立ちは学生時代から女の子や実妹をいじめていた!実家や小学校中学校も特定でリコーダーを便器に流す&上履きや教科書隠しをするサイコパスな性格だった!

2019.02.05