泉房穂明石市長は橋下徹が批判もいい人?暴言音声データ全文と女性の死亡事故改善の為なのに7年も放置でブチ切れしていた



兵庫県明石市の泉房穂(いずみふさほ)市長が道路の拡幅工事の為の建物の立ち退き依頼について、7年も進んでいないことに怒り、暴言をはいた音声データが話題になっています。しかし、音声データ全内容が紹介されると、市長の肩を持つ人が多数出てきました。

暴言が許されることではないと思いますが、7年間も仕事を進めていないことに、憤りを感じた市長が怒ったこと自体は当たり前でしょう。さらに、市民からは、厚い信頼を受けているようで、実績も多々あるようです。

今回の記事では、泉房穂市長の音声データ全文や橋下徹氏の批判内容などをまとめてみました。

泉房穂(明石市長)が暴言激怒した職員は誰で名前や顔画像は?7年も仕事放置の無能にネットは市長が正しい有能と話題!

2019.01.29

泉房穂(明石市長/元NHK)の弟や娘家族と妻とは離婚?職員に「火つけてこい」とキレるパワハラも評判は良い!

2019.01.29

泉房穂市長の音声データ全文

明石駅の道路の拡幅工事を行うに当たり、2010年から市は地権者との土地の売買交渉を行ってきました。しかし、2017年になっても進んでいないことに泉房穂市長が気づき、市の職員に対して激怒した内容が今回ニュースになっているものです。

今回音声データの動画の全てはありませんでしたが、当時の録音データの全文がありましたので、ご紹介しておきます。以下内容を読んでみると、これまでの印象が随分違ったものとなると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




職員「(立ち退き対象だった建物の)オーナーの所に行ってきた。概算で提示したが、金額が不満」

市長「そんなもん6年前から分かっていること。時間は戻らんけど、この間何をしとったん。遊んでたん。意味分からんけど」

職員「金額の提示はしていない」

市長「7年間、何しとってん。ふざけんな。何もしてへんやないか7年間。平成22(2010)年から何しとってん7年間。金の提示もせんと。楽な商売じゃお前ら。あほちゃうか

職員「すいません」

市長「すまんですむか。立ち退きさせてこい、お前らで。今日火付けてこい。燃やしてしまえ。ふざけんな。今から建物壊してこい。損害賠償を個人で負え。安全対策でしょうが。はよせーよ。誰や、現場の責任者は

職員「担当はおります。課長が待機していますが」

市長「上は意識もしてなかったやろ。分かって放置したわけやないでしょ。任せとっただけでしょ。何考えて仕事しとんねん。ごめんですむか、こんなもん。7年間放置して、たった1軒残ってもうて。どうする気やったん」

市長「無理に決まっとんだろ、そんなもん。お前が金積め。お前ら1人ずつ1千万円出せ。すぐ出て行ってもらえ。あほちゃうか、そんなもん。ほんま許さんから。辞表出しても許さんぞ。なめやがって。早くやっとけばとっくに終わってた話を。どないすんねん。悠長な話して。たった1軒にあと2年も3年もかけんのか。何をさぼってんねん、7年も。自分の家売れ。その金払え。現場に任せきりか。担当は何人いるの」

職員「1人しかいません」

市長「とりあえずそいつに辞めてもらえ。辞表とってこい。当たり前じゃ。7年分の給与払え。辞めたらええねん、そんな奴。辞めるだけですまんで、金出せ金も」

職員「担当は今は係長。この間係長は3回替わった」

市長「何やっとったん、みんな。何で値段の提示もしてないねん」

職員「値段は概算を年度末に提示している」

市長「概算なんか意味ない。手続きにのらへんやないか」

職員「市長申し訳ありませんが、予算は今年度でつんでいる。前年度は予算ついていないんで、概算しか」

市長「ついてないってどういうことよ」

職員「他の地権者の分、とってますから。丸ごと全事業費は1年間でどーんと付けられない」

市長「見通しわかっとったやろ。ややこしいの後回しにして、楽な商売しやがって」

市長「ずっと座り込んで頭下げて1週間以内に取ってこい。おまえら全員で通って取ってこい、判子。おまえら自腹切って判子押してもらえ。とにかく判子ついてもらってこい。とにかく今月中に頭下げて説得して判付いてもうてください。あと1軒だけです。

ここは人が死にました。角で女性が死んで、それがきっかけでこの事業は進んでいます。そんな中でぜひご協力いただきたい、と。ほんまに何のためにやっとる工事や、安全対策でしょ。あっこの角で人が巻き込まれて死んだわけでしょ。だから拡幅するんでしょ。

(担当者)2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。何を仕事してんねん。しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。

後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。市民の安全のためやないか。言いたいのはそれや。そのためにしんどい仕事するんや、役所は」

Sponsored Links
Sponsored Links




拡幅工事の理由は女性の死亡事故

音声データからわかることは、まず、今回7年間も放置されていた拡幅工事が実施されることとなったのは、その場所の角で女性の死亡事故があったことからでした。道幅が狭いので、その道の幅を広げるためにの工事だったというわけです。

ですから市民の安全の為の工事なのですが、市の担当者は、これを7年間も放置していたということなのです。今回は市長の暴言が注目されていましたが、これは市の職員も大きく批判されるような内容だと思います。

しかも内容を読み込むとわかりますが、残り1軒だけだったということがわかります。つまり複数軒の立ち退きは完了していたのに、残り1軒の為に何年もこの土地を放置していたということです。

なので工事は進まずに無駄に中途半端に建物が残っている状態だったのではないかと推測されます。これはひどい仕事の仕方ですよね。。。

場所の画像はこちらになります。このような場所がただ放置されていたのであれば、本当に問題です。なぜこのようになったのかも市の職員にも問うべきですよね。市長も全ての問題を把握しているわけではないと思いますから、今回気づけたのも奇跡だったかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links




橋下徹氏が泉房穂市長の暴言を批判

以上のように泉房穂市長の暴言について批判をしています。暴言については、市長でなくとも人の上司としては完全にパワハラの発言ですよね。

でもここまで怒るほど放置していた。7年間も放置していた事実には市長だけが咎められることではないような気もします。

Sponsored Links
Sponsored Links




泉房穂市長はいい人?

正論でもパワハラ発言はいけないと思います。しかし、その前に怒られるべきで当たり前なのは市の職員です。今回の音声データでは、市の職員の無能さもかなり露呈したのではないでしょうか。

暴言については皆さん全てが悪いものだと思っているようです。しかし仕事の姿勢やなぜ激怒したかの理由を知った人は、皆さん市長を支持しているのではないでしょうか?

泉房穂(明石市長)が暴言激怒した職員は誰で名前や顔画像は?7年も仕事放置の無能にネットは市長が正しい有能と話題!

2019.01.29

泉房穂(明石市長/元NHK)の弟や娘家族と妻とは離婚?職員に「火つけてこい」とキレるパワハラも評判は良い!

2019.01.29