「とある魔術の禁書目録Ⅲ(3期)」16話のアニメフル動画を無料視聴する方法!再放送や見逃し配信とネタバレ感想も


今回はアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅲ』
第16話のフル動画を再放送や見逃し配信
として無料視聴する方法をご紹介!

さらにネタバレストーリーや感想なども
一緒に載せていきます。

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第16話を無料視聴する方法

アニメ『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の第16話の
フル動画を無料視聴する方法ですが、
『動画配信サービスの無料期間』を利用します!

①お好きな動画配信サービスに無料登録
②無料期間中に『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の動画を視聴
③無料期間中に解約

この手順で動画配信サービスを
利用すれば、お金がかからずに
動画を見ることが可能です!

ということで
『とある魔術の禁書目録Ⅲ』
配信されているサービスを見ていきましょう!

サービス名配信状況月額料金無料期間
U-NEXT
1990円31日間
dアニメストア
400円31日間
ビデオパス[PR]
562円30日間

ここからお好きなサービスを
選んでみてください!

オススメのサービスは
アニメ配信数が多い
U-NEXTです!

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第16話のあらすじ

第16話:統括理事会

『迎電部隊(スパークシグナル)』の残党を追い、彼らの逃げ込んだ第三学区へと向かった『グループ』。

個室サロンを占拠していたテロリストを一掃したアクセラレータは、退院祝いの会場が占拠されたと知り、ヘリをジャックして滝壺救出のために突入してきた浜面を鉢合わせる。

かつて『武装無能力者集団(スキルアウト)』を一蹴した『超能力者(レベル5)』を目の前にし、滝壺の危機を感じた浜面は、迷わずアクセラレータと対峙する。

一方、再編された残存混成部隊の顔ぶれに辟易し、単独行動に出た絹旗は、砂皿の弟子、ステファニーの襲撃を受ける。

そして『グループ』は、やっとつかんだ『ドラゴン』にかかわる情報を手にすべく、統括理事会の潮岸を交渉のテーブルにつかせるため、とある秘策を巡らせる――。

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第16話のネタバレストーリー

通行人の見上げる学園都市の
高層ビルの上層から発砲音が聴こえる。

「何でこのビルなんだよ!」

浜面仕上は舌打ちをして、踵を返す。

近くのビルの屋上、ヘリポートに
駐機するヘリコプターのドアを開けると、
パイロットに拳銃を突きつける。

「悪いがすぐに出してもらう。
そこのビル――」

浜面が言い終える前に、
パイロットは刃物を
浜面の首元に突きつける。

「パイロットが武器の
扱いになれてないと思ったか」

浜面の胸ポケットで
携帯電話が振動する。

パイロットに促されるままに、
浜面は電話に出る。

電話の相手は恋人の滝壺だった。

「今すぐそっちに行く」

だめと滝壺は拒否する。

「浜面は来ないで。
浜面じゃ対処できない」

そして、電話は切れる。

頼むと涙目で懇願する浜面に、
パイロットはハイジャックと
偽ってヘリを飛ばす。

待ち合わせ場所のビルの
頭上までくると、浜面は
屋上の樹に向かって飛び降りる。

一方通行はビルの24階に
窓を派手に壊して侵入する。

敵を一掃しようとすると、
敵はぷすっという音ともに倒れる。

部屋の扉にはスーツに
拳銃を持った男がいた。

「二度と出逢わないことを祈っている」

男は敵を一掃すると、扉から出て行く。

一方通行は撤退しようとすると、
倒れている滝壺を見つける。

滝壺に歩み寄る一方通行。

「滝壺に何してんだ、レベル5。
オレから大切なものを
奪おうってなら腹括ってもらう」

浜面は滝壺の傍ら膝を
突く一方通行に拳銃を向けたまま吠える。

「良い悪党だ」

一方通行は能力を使い、
一瞬で浜面との距離を
詰めると殴り飛ばす。

倒れた浜面に拳銃を向けて、
一方通行は問う。

「このまま続けるなら
血みどろにしてやる。
滝壺が邪魔になるってなら仕切り直す」

それが悪党の美学って
やつだと言い残して、
一方通行は去っていく。

滝壺を抱きしめて、
こいつを守りたいと浜面は願う。

浜面達と合流しようと
していた絹旗最愛は襲撃を受けていた。

仲間の敵討ちに来たと敵は告げる。

土御門の指示で一方通行は
親船最中の下へ向かう。

しかし、親船の秘書は帰ってくれという。

「光と闇を行き来するやり方はもうしない」

そうかと諦める一方通行は、
何があったと尋ねる。

「親船さん宛てに、娘さんの
写真と未使用と拳銃が送られてきた」

事の顛末を簡潔に話す秘書に、
そうかよとあっさりと冷淡に言う。

最初から一人でやれば
よかったんだと一方通行は思う。

もしも、あのガキを敵に
回すことになったとしても、
あのガキを守るためなら戦い続ける。

やることは変わらねと考える
一方通行に声を掛ける少年がいた。

「あの時のヒーローでしょ。
また戦いに行くんでしょ? 
あの時の僕みたいな人を助けるために」

僕も一緒に行くと少年は
一方通行に駆け寄る。

必要ねぇよと少年を拒絶する。

「嫌だよ。あんな卑怯者たちに
学園都市を渡したくないんだ」

少年は力強く、一方通行を見上げて言う。
少年は大人たちに連れて行かれる。

親船は少年の言葉に気付かされる。

「ようやく目が覚めました。
塩木氏のところに乗り込みましょう」

浜面は滝壺に肩を貸して、
絹旗を探していた。

そのとき爆発が起きる。

地下街に下りると、
燃え盛る炎の中で襲撃を
受ける絹旗がいた。

塩木氏は隠れ家の中でも、
パワードスーツを着ていた。
迫るグループにここで迎え討つと告げる。

グループは小細工無しの正面突破とでる。

塩木氏のところまで親船を連れて行く途中、
天井から壁が落ちてきて二分される。

一方通行と結標の前に現れたのは、
ビル襲撃の際に居た男だった。

甲賀だという男は、煙草に
火を付けるふりをして結標に
毒の矢を打ち込む。

親船は塩木氏と対峙していた。

パワードスーツに身を包んだ
塩木氏は、親船に襲い掛かる。

しかし、パワードスーツは
少し分解し、剥がれる。

考えなかったんですか?
と親船は訊ねる。

「あなたと同様に親船最中も
自分の命を守るための策を講じる可能性を」

親船は顔を剥がす。

「海原光貴!」

親船最中に変装した
海原光貴は黒曜石を光らせる。

塩木氏は、ボディーガードを呼ぶ。

2人の男が、背後のドアから現れる。

逃げようとする塩木氏の行く手には、
出てきた二人以外の
警備の死体が転がっていた。

なぜと問う塩木氏を二人の
内の一人が黒曜石で突き刺す。

「まさか!」

海原光貴は驚き、
一つの可能性に辿り着く。

「考えなかったのか? おまえと
同様に学園都市の暗部に
潜りこんでいるものがいると」

二人は海原がやったのと
同じように、顔を剥がす。

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第16話の感想

2人の主人公を中心に
学園都市の暗部を描く。

一切の能力のない、本当の
意味での無能力者の浜面仕上。

学園都市で七人しかいない超能力者の
中でもトップに君臨する一方通行。

それぞれの立場は違えど、
たった一人の大切な人物を守るために戦う。

浜面は恋人の滝壺。

一方通行は打ち止め。

能力も知略もなく、
それでも抗おうとする浜面は男。

大切な人を敵に回しても、
それで大切な人を守れるなら、
迷わずその選択肢を選ぶ一方通行。

抗う力がなくても、それでも
恋人の滝壺を守ろうとする浜面は格好いい。

憎まれ口や猟奇的な振る舞いを見せても、
周りのものを守ろうとする
自分なりの悪党の美学を貫く
一方通行は、きっと性根は人が良いのだろう。

誰もが恐れる一方通行を前に、
恐れることなく自分を連れて
行ってという少年の勇気もすごい。

何だかんだいって、一方通行の
行ってきたことは誰かを救い、
誰かに勇気を与えたのだろう。

少年の中では一方通行もヒーローだ。

ヒーローが救った少年の言葉に、
抗うことを諦め闇に苦しむ人を
救うことを止まてしまった大人たちは動かされる。

少年の言葉に、
少なくとも親船は動かされた。

自分のことを悪党と口にする
一方通行も誰かを救う立派な
ヒーローになっているのだ。

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第16話のネットの感想

まとめ

浜面がかっこよすぎますね・・・
まじで主人公でした!

主人公が最近でませんが、
そういうものなのでしょう笑

ということで、
『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の
16話の動画を無料視聴するには
動画配信サービスに無料登録して
無料期間を利用しましょう!

U-NEXT
dアニメストア
ビデオパス[PR]