市原悦子の死亡原因は盲腸(虫垂炎)ではなく心不全?年齢や若い頃と四街道との関係は?

Sponsored Links
Sponsored Links

家政婦は見た!で有名な女優の
市原悦子さんが、12日に心不全の為に
死去したとのことです。

そこで、死亡原因や若い頃と
四街道との関係も調べてみました。

市原悦子さんが死去

家政婦は見た!などで有名な
女優の市原悦子さんが
12日に心不全のために
都内の病院で死去しました。

Sponsored Links
Sponsored Links




元々、12日には、虫垂炎の為に
都内の病院に入院中だと
報じられたばかりだったのですが
その当日に亡くなってしまいました。

このせいか、ネットでは、
盲腸(虫垂炎)ではなかったのかなど
驚きの声も上がっているようでした。

入院したばかりで、入院した原因と
違い症状で亡くなったのは
えっという感じですよね。

盲腸で入院なのに心不全?

そして、紹介してきたことについてです。

82歳という年齢ですから、
心不全でなくなることも
おかしくはないかなと思われます。

心不全は、心臓になんらかの異常が
あったことにより、全身に必要な
血液を十分に送り出せなくなる状態です。

ですので、これだけ見ると、
盲腸とは関係ないですよね。

ちなみに虫垂炎は、大腸の一部の
盲腸の虫垂に炎症が起きていることを
いうそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links




なので虫垂炎と盲腸は一緒に
呼ばれることもあるようです。

症状としては、吐き気や食欲不振、
お腹右下の腹痛だったりがあるようです。

こちらも心不全とは関係なさそうに
見えます。

ですので、今回市原さんが
死亡した原因は心不全ですが、
入院した原因とは違うといった
謎な状況になっています。

市原悦子さんのプロフィール


名前:市原悦子(いちはらえつこ)
本名:塩見悦子(しおみえつこ)
生年月日:1936年1月24日
没年月日:2019年1月12日(82歳没)
出生地:千葉県千葉市
身長:160cm
血液型:A型
職業:女優、声優
事務所:ワンダー・プロダクション

市原悦子さんは、千葉県出身で
82歳の女優さんでした。

夫は舞台演出家の塩見哲さん
という方ですが、こちらも
2014年に死去しているようです。

学歴はこちら。

・四街道市立四街道小学校
・千葉市立末広中学校
・千葉県立千葉高等学校
・早稲田大学第二文学部演劇専修

Sponsored Links
Sponsored Links




ということで四街道との関係は
小学校だったようですね。

高校から演劇部で活動していたようで、
そこからずっと演劇をしていたようですね。

大学卒業後は、俳優座養成所へと
進んで、ジェームス三木、大山のぶ代さんら
の同期と共に学んだようですね。

そして1957年には俳優座に入団し、
舞台活動をしていたようです。

1971年に退団してから翌年、
番衆プロというのを設立したようです。

自身の劇団でしょうか?

ちなみにこちら22歳の
若い頃の市原さんです。

1975年からは、『まんが日本昔ばなし』で
声優としても長く活動し、
1983年には『家政婦は見た!』で
主役をこちらも長く務めてきました。

2017年には、自己免疫性脊髄炎
ということで、休養をしていましたが、
2018年に復帰しました。

Sponsored Links
Sponsored Links




しかし、同年に体調がすぐれないという
ことで、一時的に休んでいたりしていたようです。

そして今回1月5日から入院していましたが
12日に心不全で亡くなっています。

ネットの声

Sponsored Links
Sponsored Links