関西上空で目撃の火の玉(火球)の正体は隕石・衛星・彗星の落下?動画や爆音、すごい音がした書き込み多数!




2019年1月3日、午前4時49分頃に
関西地方などの上空で火の玉のような
ものが流れ落ちてくる様子がカメラで
確認されました。

ネットでは、爆音やすごい音がした等の
書き込みが多数あり、この火の玉の
正体について迫って見たいと思います。

関西上空で火の玉が確認される

1月3日の午前4時49分頃に
関西地方などの上空で
「火の玉」のようなものが
流れる様子が確認されました。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットでも

「火の玉みたいなものを見た」
「すごい音がした」

などと書き込みが
多数あり、これによって目が覚めた
という方もいたようです。

そこでこの火の玉の正体は
なんなのか気になっている人が
多数いる模様です。

これは気になりますよね。

滅多にないできごとに加え、
すごい音もしたということですから
気になるところです。

火の玉の正体は隕石?衛星?

そこでこの火の玉の正体ですが
考えられるのは隕石や衛星の落下です。

落ちてきたものが大気圏に突入して、
燃え尽きた様子かもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links




ということで実際に隕石が落下した
動画を見ていただきましょう。

こちらはロシアで隕石が落ちた
動画ですが、大気圏で燃え尽きなかった
隕石がそのまま地上に落ちてきて
大惨事となっています。

もしかすると、今回の火の玉が
隕石であったとして、燃え尽きて
いなかったら関西地方が
大惨事になっていたかもしれません。。。

そしてこちらの映像も
隕石もしくは流星のようなものが
映っているものになります。

こちらの動画のように
これまでにも地球には
多数の隕石が落ちてきています。

Sponsored Links
Sponsored Links




また、一部ですい星のかけらが
落ちてきて大気圏に突入した際に
光るこの現象を「火球」と呼ぶのだそうです。

これだとすれば、
すい星だったということでしょうか?

ネットの声

Sponsored Links
Sponsored Links