山口叶愛(のあ)死亡事故の歯科麻酔をした担当医と院長は誰?福岡の小児歯科の場所はどこでにこにこ小児歯科の噂?

Sponsored Links
Sponsored Links

福岡県の歯科医院で虫歯治療で麻酔注射した
山口叶愛(のあ)ちゃんが死亡した件が
話題になっています。

そこで、福岡の歯科医院の場所どこなのか?
担当医や院長は誰なのか?
名前や顔画像など調べてみました。

虫歯治療の麻酔で女児が死亡

 福岡県内の歯科医院で昨年7月、虫歯治療のために麻酔を注射された女児(当時2)の容体が急変し、死亡する事故があった。

 両親からの届け出を受けた県警は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査を開始。容体変化への対応や麻酔の投与量が適切だったかなどを調べている。

 女児の遺族や歯科医院側の代理人弁護士によると、亡くなったのは山口叶愛(のあ)ちゃん。事故は昨年7月1日、福岡県内の歯科医院で起きた。夕方に両親と訪れた叶愛ちゃんは、口内の複数箇所に麻酔薬を注射された後、治療を受け始めた。

 叶愛ちゃんは治療中、断続的に泣いていた。50分ほどで治療が終わった後、付き添っていた両親は叶愛ちゃんがぐったりしていることに気づいた。担当医はすでに帰っており、代わりに院長が「疲れて寝ているだけで、よくあることですよ」などと説明。特に手当てはされなかったという。

 叶愛ちゃんは両親に連れられて歯科医院を出た後、大学病院などで治療を受けたが、意識は戻らなかった。2日後に亡くなり、司法解剖の結果、死因は麻酔中毒による低酸素脳症と判明した。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15783003/

Sponsored Links
Sponsored Links




2017年7月に福岡県の歯医者で
虫歯治療の為に麻酔を受けた
当時2歳の山口叶愛ちゃんが
治療の2日後に死亡した件が
今話題になっています。

上記ニュースの通り、
死因は麻酔中毒ということだそうです。

そして、今回なぜニュースになっているかというと
双方の言い分が違うことで、
揉めているからだそうですね。

今回、のあちゃんの両親は、
診察室で抱き上げた時は既に様子がおかしく
その場でのあちゃんの容態を訴えた
ということだそうです。

しかし、医院側は診察室を出て、
10〜20分ほど経ってから受付に異変を
訴えてきたという風に話したようです。

さらに、両親は体が固まっていて
呼びかけにも応じない状態でけいれんも
していたと言ったが、医院側は、
脈拍などの測定をして、緊急な対応を
要する状況ではなかったと説明したそうです。

つまり、両親は、様子が変だと言ったのに
取り合ってもらえなかったと言っています。

そして、医院側は、医院を出た後に
他の病院で受けた治療も
精査する必要があると話しているようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




こういう問題は難しいですね・・・

ともかく死亡させてしまったのは
死因が麻酔中毒と判明しているわけですから
どう考えても歯科医院側だと思われますよね。

叶愛ちゃんの虫歯は8本もあった?

調べるとわかったことがあるのですが
のあちゃんは当時、8本もの虫歯が
あって治療しにきたんだとか。

さすがに8本の虫歯はやばいですよね。

両親の怒りもわかりますが
8本の虫歯ができるまで
放っておいたのも
えっ?と思ってしまいます。

まだ2歳の子供なのに、
8本も虫歯ができるなんて
普通考えられませんよね?

キラキラネームだからこそ思いますが
両親はのあちゃんに対する
オーラルケアはちゃんとしていたのかと
目が行ってしまいますよね・・・

これを知ってしまうと
歯科医院の意見も
嘘は言っていないのではないかなと
思ってしまいます・・・

Sponsored Links
Sponsored Links




そして、のあちゃんの細かい死因が
局所麻酔薬であるリドカインの中毒
というものなんだそうです。

のあちゃんの歯肉を調べると
歯科医が誤って血管に局所麻酔を
してしまった可能性もあるとのことらしいです。

麻酔というのは、恐いもので、
ドラマの医龍を見たことがある人は
わかると思いますが「麻酔医」という
職も存在するほどです。

ですから、歯医者の麻酔も
こわいということを知っておいて
もらえればと思います。

福岡の医院にこにこ小児歯科?

今回の事故については、
1年前以上のものなので、
当時も話題になっていたようです。

そして、調べると「にこにこ小児歯科」
という歯医者さんの名前が
出てきました。

そして、この歯科医院は、
2018年8月31日に閉院しています。

患者様各位

 平成10年4 月の開設以来、地域に密着し親しみやすい 小児歯科医院を目指して診療を続けて参りましたが、
諸般の事情により平成30 年8 月31 日(土)をもちまして 閉院することになりました。

これまでご愛顧いただきました患者様には、 閉院することをお詫びすると共に、心より感謝申し上げます。
突然の事で患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

Sponsored Links
Sponsored Links




当時はとても住民の評価が
良い医院だったのですが、
事故があったあとは、
Googleでの評価もすごいことになっていました。

場所は以下です。

〒816-0861 福岡県春日市岡本1丁目6

担当医や院長は誰?

まず、にこにこ小児歯科の
院長は高田貴(たかだたかし)さんという方です。

上記画像の方ですね。

学歴は筑紫丘高校を卒業し
九州大学歯学部を卒業したようです。

20年前にこの医院を設立したようですが
それだけ長くやってきたので、
それなりの経験はあったかとは思います。

そして担当医の方はわかっていません。

Sponsored Links
Sponsored Links




当時、事故が起きた時に
スタッフ紹介のページを
見れないようにしたということで
誰が担当医だったか
わからないようにしていたようです。

現在ホームページも
閉院するという内容しか見ることができません。

しかし、アーカイブで過去のHPを
見ることができました。

のあちゃんが死亡してしまった
7月3日からちょうど臨時休業もしていました。

そして、担当医はわかりませんが
当時務めていた歯科医が誰なのか
ということはわかりました。

HPを見て気になったのが
20人ほど働いている人がいる中で
院長以外スタッフ含め
全員女性だったということです。

これって歯科医院では
当たり前なんですかね?

でも女性のほうがなんだか
病院的には安心できそうですね。

画像を見ても皆さん優しそうな
方が多くて、素敵な医院だなと感じました。

でも一つの医療ミスで
全てが変わってしまうんですよね・・・

20年も運営していたなら、
尚更びっくりしますよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

まとめ

調べれば調べるほど、
この医院は評判が良かった医院だと感じました。

しかし、医療ミスをしてしまって
このような結果になってしまったのだと思われます。

1年経っても争っているようであれば
相当揉めているんでしょうね。

虫歯8本というもの気にかかりますが
最終的に死亡の原因になったのは
病院側だと思われるので
今後どのような結果になるか
ニュースに注目です。

それでは。

Sponsored Links
Sponsored Links