田中圭24時間テレビ「くちびるWANTED」の出演キャストや撮影シーンまとめ!あらすじやネタバレストーリーも



AbemaTVにて田中圭24時間テレビが
放送されています。

そこで出演キャストやそれぞれの撮影シーン、
そしてどんな内容なのかまとめてみました。

田中圭24時間テレビとは?

『田中圭24時間テレビ』とは
AbemaTVが企画する番組で、
田中圭さんが主演となって
様々な俳優女優さんと共に
24時間以内に撮影、そして
ドラマ映像を完成させる番組です。

2018年12月15日21時から
16日21時まで放送されます。

Sponsored Links
Sponsored Links




見どころは、リアルタイムで
田中圭さんやその他キャストの
普段は見られない舞台裏や
撮影の様子まで全て見ることができます。

出演キャスト

・今田耕司
・川栄李奈
・山田裕貴
・吉田鋼太郎
・吉田羊
・飯尾和樹(ずん)
・池田鉄洋
・伊藤修子
・尾上寛之
・小手伸也
・篠原篤
・野間口徹
・橋本マナミ
・六角精児
・田中直樹(ココリコ)
・どんぐり
・名取裕子
・橋本環奈
・眞島秀和
・松本まりか
・水野美紀
・満島真之介
・鈴之助
・武田真治
・武田梨奈
・豊ノ島
・和田アキ子

このような豪華キャストで
撮影が進めされていきます!

Sponsored Links
Sponsored Links




あらすじ

現在、放送されてからわかったあらすじですが
田中圭さんが、
自身の唇に1億円の懸賞金がかけられていて
様々な人物達が田中圭さんの唇を狙って
襲いかかってくるという物語のようです。

田中圭さんは本人役ということで、
『田中圭』と呼ばれています。

以下、撮影順に撮影された内容をご紹介します!

シーン①田中圭×吉田鋼太郎

ある部屋でいきなり目が覚めた田中圭さん。
そこに、吉田鋼太郎さんが現れます。

吉田鋼太郎さんはある人の代理人、
そして秘書だと言って、
田中圭さんの唇には1億円の懸賞金が
かけられていることを説明します。

そして、田中圭さんの唇を奪えるのは
女性だけだと言います。

しかし、吉田鋼太郎さんは
顎を突き出しながら唇を奪おうとします。

その後、田中圭さんの
口をハンカチで押さえて眠らせます。

Sponsored Links
Sponsored Links




シーン②田中圭×川栄李奈

場面は変わって、外のゴミ捨て場で
眠っている田中圭さん。

そこに婦警である川栄李奈さんが
現れます。

川栄李奈さんは、田中圭さんを発見して
職務質問をします。

そこで、田中圭さんを見ても誰かわからず、
田中圭さんは有名なドラマに出ていると言います。

ガッキーとけもなれに出たこと、おっさんずラブに出たこと
などを話し田中圭であることを言います。

その後、周りに一般人の女性たちが集まって
田中圭さんの唇を奪おうとします。

それを振り払うと、今度は川栄李奈さんが
田中圭さんのネクタイを引っ張って
唇を奪おうとします。

そこで田中圭さんは逃げ出します。

ここでの監督は「カメラを止めるな!」の
上田監督が担当しました。

Sponsored Links
Sponsored Links




シーン③田中圭×満島真之介

場面は屋内に変わります。

俳優仲間という満島真之介さんが
ロドリゲス小島という名前で登場。

そこで、今練習しているという
催眠術を田中圭さんにかけようとします。

椅子に座らせてドーナツを
田中圭さんの目の前で振ります。

すると田中圭さんは眠りに落ちます。

そして、目の前の人は全て橋本環奈に
見えるという催眠術をかけます。

シーン④田中圭×山田裕貴

場面は代わりトレーニングジムへ。

ジムのトレーナーである山田裕貴さんの元
田中圭さんは様々なトレーニングをします。

その後、ドリンクを飲まさせて
眠らされます。

Sponsored Links
Sponsored Links




シーン⑤田中圭×今田耕司×伊藤修子

場面は脱衣所のシーン。

田中圭さんにホテルマンの
今田耕司が声をかけます。

今田耕司さんは田中圭さんの唇を奪おうと
清掃員の伊藤修子さんにキスをさせようとします。

田中圭さんを掴んでキスをさせようとしますが
田中圭さんはそれを交わして、
今田耕司さんと伊藤修子さんがキスをすることに。

そこで、田中圭さんは「ポン!」と言いながら
抜け出しますが、タオルがずり落ちて
あそこを見られ、そのまま逃げていきます。

そして入浴シーンの撮影に。
(流れとして入浴シーンが先にドラマとしてくると思います)

田中圭さんの入浴中に伊藤修子さんが
お風呂の清掃にきますが、
「今入ってるんで後じゃだめですか?」
と言って伊藤修子さんを出そうとしますが
「掃除なんで」という言われてしまいます。