群馬県防災ヘリはるなの登場者は誰?行方不明の場所や飛行目的と墜落の可能性?

Sponsored Links
Sponsored Links

2018年8月10日正午ごろに
群馬県の防災ヘリコプターと
連絡が取れなくなったと
警察が発表しました。

そこで、防災ヘリの登場者や
行方不明になった場所、
飛行目的や墜落の可能性についても
調べてみました。

群馬県の防災ヘリが行方不明

2018年8月10日、正午ごろに
群馬県の防災ヘリコプターと
連絡が取れなくなったとして
警察が発表しました。

防災ヘリは、10日の
午前9時すぎに
群馬県前橋市のヘリポートを離陸して
群馬県の吾妻方面を飛行して
約2時間で戻ってくる予定でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

しかし、戻ってこずに、
現在に至っています。

群馬県と長野県との
県境の登山道稜線トレイルルートを
視察するためだったよう。

群馬県防災ヘリ「はるな」
ベル400 12型というようです。
定員は15名で、登場者は9名だったようです。

はるなはこちらのヘリだそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

行方不明の場所は?

防災ヘリは、群馬県前橋市の
ヘリポートから、白根山あたりの
吾妻方面を経由して
戻ってくるようでした。

地図は以下となっています。

群馬県系によると、
草津白根山付近で
消息を絶ったということで、
もし墜落の可能性があるとすれば
ここらへんでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

墜落の可能性があるとすれば、
原因は、低空飛行によって、
白根山の火山活動で電磁気の
影響でヘリが墜落した可能性も
あるとのことでした。

防災ヘリの登場者は誰?

はるなの登場者ですが、

・県防災航空隊4人
・吾妻消防隊員5人

の9人だとのことです。

15名が登場できるとはいえ
かなり大きなヘリですよね。

これだけの人数で
墜落するとなると、
重量もありますから
かなりの衝撃があるかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

しかし、もし、衝撃が少ない
不時着だけであったとしたら、
この人数ですから、お互い
助け合うことができるかもしれません。

8人発見

群馬県中之条町の山中にて、
ヘリの破片が見つかり、
その周辺に8人が見つかったということです。

Sponsored Links
Sponsored Links

9人という報道が最初あったのですが
残りの一人は・・・?

容態が不明ということですが
どのような状況なのでしょうか。。。

※追記1

9名のうち2名が死亡と確認されたようです。

まとめ

一刻も早く、救助班が見つけて
救出してほしいですね。

しかし、行方不明になったと
決まったものではありません。

予定時刻までに帰ってこないことから
かなり不安になっています。

続報を待ちましょう。

それでは。

Sponsored Links
Sponsored Links