東京五輪2020は転売チケットで参加可能?値段や入手方法と入場に必要な条件は?



ついに2020年東京オリンピックの
チケットについて概要が発表されました。

そこで、気になるのが
転売チケットについてです。

今回は、その転売チケットについて
東京五輪は参加できるのか?
値段や入手方法と入場に必要な物は
何なのか?調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

TOKYO2020IDの登録方法やチケット種類は?事前視察ツアーの内容や応募期限も

2018.07.21

東京オリンピックチケット1枚で子供は一緒に入場可能?別途購入や子供料金はある?

2019.05.09

東京オリンピックチケットIDの複数登録や購入枚数制限は?登録期限期間も

2019.05.09

東京五輪チケット開会式や閉会式の倍率や値段は?内容と日程スケジュールも

2019.05.08

東京五輪2020のチケット概要が発表

2018年7月20日、
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
がチケット概要を発表しました。

そして、チケットは、
東京五輪公式サイトまたは、
販売所
にてチケット購入が
できるとのことです。

Sponsored Links
Sponsored Links




そして、東京五輪公式サイトで
チケットを購入するにあたっては、
「TOKYO 2020 ID」という
ものに登録をしないと
購入ができないようです。

今後のスケジュール予定ですが
以下のような予定になっています。

2018年7月:「TOKYO 2020 ID」の登録開始
2019年春:五輪チケット販売開始
2019年夏:パラリンピックチケット販売開始
2020年春以降:チケット受取
2020年7月:東京五輪開催

現在「TOKYO 2020 ID」の登録ができる状況で、
2019年春からチケットが販売されます。

Sponsored Links
Sponsored Links




ということで、転売チケットも
2019年春から出回ることでしょう。

東京五輪2020は転売チケットで参加可能?

そして今回気になる転売チケットで
参加は可能か?ということです。

まずは、今回のチケットの種類ですが
3種類だそうです。

1.紙チケット
配送やチケット販売所で受け取る紙のチケット

2.プリント@ホーム
購入者(来場者)が、ご自宅やオフィス等のプリンターでご自身で印刷するチケット

3.モバイルチケット
購入者(来場者)の携帯/スマホ等の画面上にQRコードを表示するチケット

これは冬期の平昌五輪でもこの方式が
使われていたようですね。

内容を見ると、どれもQRコード
読み取るタイプのもののようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




つまり、QRコード認証で
空港のチケットのように通るのでしょう。

そして、今回は、
日本人だけではなく
世界中の人がチケットを購入します。

ですから一人ひとりの
身分証を確認する・・・
なんてことはないでしょう。

ですから、今回は、
転売チケットでも
入場できるものかと思われます。

転売チケットの値段は?

では、気になる転売チケットの
値段はいくらになるのでしょうか?

今回のチケットの値段は、
開会式が最高の30万円
一般競技では、13万円が最高額だそうです。

そして、大体の競技が
8000円以下から
購入できるようです。

つまり転売チケットはこれらの値段より
高く販売されるでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links




開会式:12,000円~300,000円
閉会式:12,000円~220,000円
水泳(競泳):5,800円~108,000円
水泳(飛込):3,500円~30,500円
水泳(アーティスティックスイミング):4,000円~45,000円
水泳(水球):3,000円~18,000円
水泳(マラソンスイミング):3,500円~5,500円
アーチェリー:3,000円~7,000円
陸上競技(トラック&フィールド):3,000円~130,000円
陸上競技(マラソン):2,500円~6,000円
陸上競技(競歩):チケット販売なし
バドミントン:4,000円~45,000円
野球:4,000円~67,500円
ソフトボール:2,500円~25,500円
バスケットボール(3X3):3,000円~18,000円
バスケットボール(バスケットボール):3,000円~108,000円
ボクシング:3,500円~45,000円
カヌー(スラローム):3,000円~10,000円
カヌー(スプリント):3,000円~9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル):4,000円~10,000円
自転車競技(BMXレーシング):3,000円~12,500円
自転車競技(マウンテンバイク):3,500円~5,000円
自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)):3,500円~5,500円
自転車競技(トラック) 4,000円~14,500円
馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術):3,000円~16,000円
フェンシング:3,000円~11,500円
サッカー:2,500円~67,500円
ゴルフ:3,000円~10,000円
体操(体操競技):4,000円~72,000円
体操(新体操):4,000円~36,000円
体操(トランポリン):5,500円~16,000円
ハンドボール:3,500円~20,000円
ホッケー:2,500円~10,000円
柔道:4,000円~54,000円
空手(形、組手):3,500円~12,800円
近代五種:2,500円~4,000円
ボート:3,000円~9,500円
ラグビー:2,500円~25,500円
セーリング:3,000円~5,500円
射撃(ライフル、クレー):2,500円~5,500円
スケートボード(パーク、ストリート):4,000円~11,500円
スポーツクライミング:3,000円~12,500円
サーフィン:調整中
卓球:3,500円~36,000円
テコンドー:3,000円~9,500円
テニス:3,000円~54,000円
トライアスロン:4,000円~8,000円
バレーボール(ビーチバレーボール):3,500円~45,000円
バレーボール(バレーボール):4,000円~81,500円
ウエイトリフティング:2,500円~12,800円
レスリング(フリースタイル、グレコローマン):4,000円~45,000円

出典:https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/

例えば開会式で一番高い30万円なら
ありえないくらい高い値段になるでしょう。

もしかすると100万円をこえるかも
しれません。

Sponsored Links
Sponsored Links




転売チケットは例えば
人気のアーティストのライブなどでも
10倍以上の値段で販売
されたり
しますから、今回もそのくらいの
値段になるかもしれません。

転売チケットの入手方法は?

では、転売チケットの入手方法です。

どこで転売チケットは購入できるのでしょうか?

日本であれば、

・ヤフオク
・メルカリ(フリマアプリ系)
・チケット売買サイト

など、個人間でやり取りできるサービスで
転売チケットが販売されることでしょう。

しかし、今回は、
世界中でチケットが購入されます。

ですから、海外のサービスでも
転売チケットが売られると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




例えば、海外版ヤフオクと呼ばれる
eBay(イーベイ)とか
中国のオークションサイトのタオバオとか。

海外にも同じように、個人間で
やり取りできるサイトがありますから、
言語の壁は少しあるかもしれませんが
翻訳機能でなんとかいけるかもしれませんね。

ということで、日本のサービス以外でも
転売チケットが購入できる
と思われます。

東京五輪2020の入場に必要な条件は?

では最後に、入場に必要な条件は
何なのでしょうか?

先程説明してしまいましたが、
チケットさえあれば入場できるもの
かと思わます。

チケットにQRコードが印字されているので、
そのQRコードを読み取って
入場と認識
されるはずです。

Sponsored Links
Sponsored Links




ですから、先程の3種類の
チケット種別のどれかを
持っていれば、入場はできるはずです。

まとめ

まだ詳しい転売チケットについての
情報はわかりませんが、
2019年の発売以降どんどん
転売チケットが販売されると思われます。

例えば、決勝系は倍率や値段が
高くなるでしょう。

サッカーの決勝とか、
リレーの決勝とかですね。

しかしながら、絶対にどこかで
トラブルが発生してくると思いますから
正式な方法のみで購入したほうが良いです。

それでは。

TOKYO2020IDの登録方法やチケット種類は?事前視察ツアーの内容や応募期限も

2018.07.21

東京オリンピックチケット1枚で子供は一緒に入場可能?別途購入や子供料金はある?

2019.05.09

東京オリンピックチケットIDの複数登録や購入枚数制限は?登録期限期間も

2019.05.09

東京五輪チケット開会式や閉会式の倍率や値段は?内容と日程スケジュールも

2019.05.08