渡部直己(早稲田大学教授)の経歴学歴は?女子大学院生へのセクハラ内容とカフェコットンクラブの場所も!

Sponsored Links
Sponsored Links

早稲田大学の文学学術院の
教授をしている渡部直己教授ですが
女子大学院生へセクハラをしたとして
ニュースで報じられました。

そこで、彼の経歴学歴や
セクハラ内容、その場所である
カフェコットンクラブについても
調べてみました。

渡部教授がセクハラ

早稲田大学文学学術院の
大学院生だった女性が、
文芸評論家でもあり、
早稲田大学文学学術院の
教授
でもある渡部直己教授から
セクハラを受けたとして、
大学側に苦情申立書を提出していました。

これを受けて、プレジデントオンラインの
取材にてハラスメントを認めて
辞任する可能性を示唆したそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

その内容は以下です。

被害女性は捜索の勉強のために2016年4月に
早稲田大学大学院の文学学術院
現代文芸コースに入学しました。

そして、指導教官として、
渡部教授が就いた
そうです。

そんな中、2017年4月に
渡部教授が「お前の作品を見てやるから」
と言って2人きりで食事に誘いました。

場所は東京高田馬場にある
「カフェ コットンクラブ」
という場所だったそう。

その場で
「おれの女になれ」
という発言をしたそうです。

この言葉を聞いて被害女性は
ショックを受け、店を出ると
知人のいたサイゼリヤに逃げ込んだそうです。

これを受けて、早稲田大学に
相談した所、指定した形式の
「苦情申立書」の提出を求められて
2018年6月に提出しました。

口外しないよう口止めされた

この件で被害女性が事前に
現代文芸コースの主任だった
別の男性教授に相談した所、
この件を口外しないように求めたそうです。

当時同級生であった友人と一緒に
3人で相談
のために
目白の喫茶店で相談したそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

・渡部さんに悪気はない
・女性の態度にもすきがあり、男性を勘違いさせている
・このことを公にすると、現代文芸コースがつぶされてしまうかもしれないので、口外しないでほしい

というような内容を言われたようです。

これはひどいですね・・・
自身の仕事がなくなるかもしれないという
気持ちはわかりますが・・・

早稲田大学側から申立て拒否する可能性

女性は2018年に入ってから
他に被害者を出したくないという願いから
ハラスメント防止室
渡部教授の処分を求めたそうです。

しかし、被害を訴える時に
父親の同伴を求めましたが
大学側は難色を示して
抗議を受けるまでは同伴を
認めなかった
そうです。

さらに、被害女性が退学手続き中であったことから
中退された場合は申立てを受けられない場合がある
説明されたようです。

もう生徒ではないなら関係ないと
言っていますよね。ひどすぎます。

さらに「苦情申立書」についても
本人の手渡し以外の方法で渡すことは
認めず
、郵送や代理人からの手渡しは
拒否していたそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

被害女性は今回の大学に設置してある
ハラスメント防止委員会について、
HPに生徒が安心して相談を受け付けられる
窓口を設置しますと書いてあるのに
電話でも面談員に名前を名乗ってもらえないなど
安心して相談できる窓口ではなかった
しています。

もうこれは根本から変えるしかないですよね・・・

気になる方は以下から
見てみてください。

早稲田大学ハラスメント防止委員会

では、今回セクハラをしたとされる
渡部教授についてです。

渡部直己教授のプロフィール(経歴学歴)


名前:渡部 直己(わたなべ なおみ)
生年月日:1952年2月26日
年齢:66歳(2018年6月21日現在)
出身:東京都
職業:文芸評論家、早稲田大学文学学術院教授

まだまだ若いかなと思いましたが、
年齢的にかなりおじいちゃんでしたね。

渡部教授は、現在66歳
文芸評論家であり、
早稲田大学文学学術院の教授です。

父親は、日本の軍人であり、
第18代統合幕僚会議議長という
役職であったようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

1970年に東京学芸大学附属
高等学校
卒業し、
1974年に早稲田大学第一文学部
を卒業しています。

それから、1976年には
早稲田大学大学院
修士課程(フランス現代文学)を修了します。

そこから、博士課程への進級試験に落第した後、
横浜の高校でフランス語を教えたそうです。

それ以降の略歴は以下。

1978年、『早稲田文学』12月号に、漫画『がきデカ』を論じた「露出狂の反逆」を発表してデビュー。
1979年、早稲田大学の江中直紀、芳川泰久と「レトリック研究会」を始める。
1981年、絓秀実と出会い、「批評研究会」に参加する。
1982年、4月から日本ジャーナリスト専門学校文芸創作科講師となる。
1983年、絓秀実、江中直紀らと季刊批評誌『杼』を創刊。初の著書『幻影の杼機 泉鏡花論』を刊行。
1997年、近畿大学文芸学部教授。
2008年4月より現職。早稲田大学文化構想学部の文芸学科文芸・ジャーナリズム論系で教鞭を執る。
出典:Wikipedia

特にこれまで今回のような
セクハラ騒動はなかったようですが
もしかすると過去にも同じようなことがあって
ただ、取り上げられなかっただけなのかもしれませんね。

カフェコットンクラブとは?

では、ニュースで気になった
コットンクラブというカフェについてです。

調べてみると、めちゃめちゃ
お洒落なお店です!

Sponsored Links
Sponsored Links

ダイニングバーであり、
イタリアンやカフェが楽しめます。

場所は高田馬場の駅の目の前に
ありますね。

結婚式の二次会としても使え、
ジャズライブなんかも定期的に
行われているようです。

かなり敷地が広いですね!

まとめ

とにかく渡部教授もセクハラは良くないですが
大学側の対応もどうかしていますよね。

被害女性のことを考えていない
対応と言いますか
ハラスメント委員会を改変する必要が
あると感じました。

この機会に見直してほしいですね。

それでは。

Sponsored Links
Sponsored Links