ひょっこりはんの著作権違反後の新しいBGMの曲名は何?音楽提供元やネタ動画も調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

お笑い芸人のひょっこりはんが、
ネタで使用していたBGMが著作権違反だとして
フリーBGMサイトの「MusMus」から
抗議を受けました。

それを受けて、ひょっこりはんの
BGMが変更されていると話題です。

そこで、新しいBGMの曲名やネタ動画や
音楽提供元などを調べてみました!

ひょっこりはんの新BGMのネタ動画

ひょっこりはんのネタが
新しいBGMに変わっていたということで、
6月2日放送のネタパレでそれがあったようです。

まずはこちらをご覧下さい。

9分ほどからです。
ひょっこりはんのネタ動画

ん~~~笑

聞いてみてどう思いましたか?
やはり以前のほうが良いですよね笑

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットでもみなさんそう思っているようです。

では、もともとのBGMはどうだったのでしょうか?

聴いてみましょう。

ひょっこりはんの旧ネタ動画

あ~~こっちのほうが
コミカルですごいひょっこりに
合ってる感じがしますね!!

今回で思いましたけど
BGMって結構大事なんですね。

その人の印象表しますもんね!

ひょっこりはんの新BGMの曲名は何?

では、今回新しく取り入れた
BGMはなんという曲なのでしょうか?

ちなみに以前の曲は、
フリーBGMサイト「MusMus」で提供されていた
「Sonorously Box」という楽曲だそうです。

では、新BGMについてですが、
こちらは、まだわからないそうです。

残念ながら曲名も作者も不明ですので
誰か特定してほしいところですよね。

情報ください!

Sponsored Links
Sponsored Links

新BGMに関しては、ネットでは
このような意見があるようですね。

人それぞれの意見ですね。笑

ひょっこりはんの著作権侵害の経緯

ひょっこりはんは、自身のネタにて
BGMを使用していましたが、
そのBGMは、フリーBGMサイト「MusMus」
で提供されている「Sonorously Box」
という音楽でした。

フリー素材ということで、
自由に使用して良いのかな?
と思う人もいると思いますが、
使用する際にいくつか条件があって
使用できるというものでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

その条件とは、

・楽曲の著作者がMusMusであると示す場合に限って無料で利用できる
・著作者を示せない場合は有償での利用となる
・楽曲を他者に二次配布してはならない

というものでした。

しかし、ひょっこりはんは、
著作者の表示をしなかったにも
かかわらず、利用料を支払っていなく
さらに他の企業に音楽を二次配布していた

ということで、MusMus側はそれを指摘しました。

それを受けて、2018年4月に
MusMusの管理人であるwatson氏が
ひょっっこりはんを起用した日清食品の
キャンペーン動画について問い合わせた所

二次配布したことが判明しました。

watoson氏は、これに対して
ひょっこりはんに対して
後追いでも良いので、
利用規約に応じた利用をすれば良い

優しい対応をしたようです。

しかし、その後、
「Sonorously Box」を改変した楽曲が
製作されて大手の音楽配信サイト等で
無断で販売されていたことに
watoson氏は気づいて、
抗議と販売停止依頼を要請したとのことです。

しかし、要請したのにも関わらず、
進展がなかったので、
watoson氏は、ブログにて、
今回の情報公開に至ったというのが
経緯のようです。

これは、ひょっこりはん側の
対応としてはやってはいけないですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

ブログで公開してからは、
ひょっこりはん所属の
よしもとにて、各音楽サイトに
申し入れて楽曲の配信停止をしました。

まとめ

まさか、フリー音源で
自身の使用している
BGMが著作権違反だなんて
思わなかったでしょう。

しかし、利用規約を
しっかり読まなかったのが
いけなかったということですね。

ひょっこりはん自身も
著作者に対して
しっかり謝罪したのかも
わかりませんが、
誠意ある対応をして
現在に至るのでしょう。

BGMが変わってしまって
残念ですが、著作権違反は
しょうがないですよね。

それでは。

Sponsored Links
Sponsored Links