安倍昭恵夫人が破産のロゼッタホールディングス関連誌の広告塔に?Hana倶楽部300億円投資詐欺との関係は?

Sponsored Links
Sponsored Links

2018年1月に健康食品や美容器具の販売、
公演や営業コンサルなどをしていた
ロゼッタホールディングスが破産手続きを開始しました。

なんと、その小会社が発行していた
雑誌に安倍昭恵夫人が掲載されていたことで
ちょっとしたニュースになりましたので
その経緯などを調べてみました。

破産までの経緯

まず安倍昭恵夫人の掲載雑誌の前に
今回の騒動について振り返ってみたいと思います。

騒動の始まりは、
中高年向けの会員サービス「Hana倶楽部」
(元春華乃会)を運営する株式会社shunka
運営資金が底をついたこと、そして会員が
投資していたお金の配当が返ってこなくなる
ということからでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

株式会社shunkaの事業内容は、
先程の会員サービスの他に
会員向け情報誌の発行やイベント企画などを
行っていたようです。

ちなみに、2015年に開催されたイベントには、
審査員として、錦野旦さんやあべ静江さん、
梅宮アンナさん
などが加わっていたことがあったようです。

中高年でもわかるような
芸能人を呼んだりしていたんですね。

そんな中、2016年に、会員にこのような
内容の手紙が送られてきたようです。

「㈱ロゼッタホールディング代表取締役、飯田正己が㈱Shunka代表取締役、蓑輪繁明の事業計画のもと、20億円以上を融資貸付しておりましたが、度重なる返済遅延のため、本日を持(ママ)って株式会社Shunka代表取締役・蓑輪繁明に対し、東京地方裁判所にて告訴告発に及んだことを通知させていただきます」

Sponsored Links
Sponsored Links

shunkaの親会社が
ロゼッタホールディングスという会社のようで
shunkaが融資金を返せなくなったという内容のようです。

ちなみに会員からは
300億円もの資金を集めていたようです。

そして被害者の会員は600名だといいます。
600名で300億円ってほんとかな?

実態はマルチ商法だった?

そして、会員が行っていた投資の内容がこちらです。

まず、会員がsyunkaに
加盟料を支払い、加盟店契約を結ぶことで
配当の権利が得られる
ようになります。

そして、加盟店となった会員が新しい会員を
勧誘すると、新会員が支払った会費の一部が
もらえる
という仕組みだそう。

つまりマルチ商法ですね。

さらに、shunkaの関連会社の
商品に投資することで
高額の配当を受けられるとし、
水やゲーム機、ファンドなどを
購入したそうですが、
なんと実際には手元には届かないそう。

Sponsored Links
Sponsored Links

なぜかというと、「名目」だけで、
実態のない商品に投資をしたとみなし
その配当をもらう仕組みなんだそう。

例えば、100万円の加盟料を払って
加盟店になった場合は年10万円の配当をもらえるそう。

年率で10%で、何もしなくとも
10年すればそのお金が回収できる
計算になりますよね。

さらに加盟料が500万円の場合は年率30%で
100万円を投資すれば、年30万円の
配当
がもらえるそうです。

会員は、富裕層のお金を持った
中高年が多かったようで、
名目上の商品に数千万円だした方もいたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

配当金は、新規加盟店を勧誘すれば、
キックバックのお金がもらえる
ので、
紹介すればするほど儲かる仕組みです。

なので、高額商品を紹介者に
買わせれば買わせるほど
自分にキックバックが入ってくるんです。

これを使って1億円以上稼ぐ人もいたとか。

ちなみに、Shunkaは
金融庁から金融商品取引業の
認可を受けていない
ため、
金融業務を行うことができない会社でした。

運用ができないのに、
3割もの高額配当を約束していたことになります。

ロゼッタホールディングスとは?

そして、そのShunkaの母体である
親会社がロゼッタホールディングスになります。

今回破産したのは、ロゼッタホールディングスですが
Shunkaが運営できなくなったことが
親会社にまで影響してしまったということでしょう。

負債総額は50億円だそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

設立は、2009年3月13日で
創業者は飯田正己さんという方でした。

いつぞやのデータかわかりませんが
求人情報によると従業員数は9名 になっていました。

ホールディングスですので、
小会社をまとめる役割の会社という感じですね。

所在地は銀座のビルにあったようです。

ちなみに関連会社は下記。

・株式会社Sunka
・株式会社EXTEND
・株式会社ORION WAY
・株式会社R・ウォーター

調べてみると、ホームページは
どれもなくなっているようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

そして、発行元が
株式会社EXTENDであった
季刊誌の『Brilliant』の2014年夏号に、
安倍首相の妻である安倍昭恵さん
インタビュー記事が掲載されています。

安倍昭恵夫人が広告塔として起用されていた?

こちらの画像の通り、
「今、世界で輝き続けるブリリアントレディ」

として昭恵夫人が紹介されています。

インタビューでは以下のような発言をしていたようです。

「私は総理大臣の一番近くにいる存在。皆さんの声を直接届けられる、国民の代表だと思っています」

「過去には後悔することもたくさんあるし、未来を考えれば不安もある。だから過去や未来にとらわれず、今を幸せに生きるのが一番ではないでしょうか」

昭恵夫人を広告塔として使ったことで
会員は、より会社を信頼してしまったのではないでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

そして、昭恵夫人は、
まんまと利用されたのではないでしょうか?

結局は、投資詐欺として、
会員へお金の返済ができずにいるので
このような雑誌に載ってしまった
昭恵夫人も被害者なのかもしれません。

まとめ

森友学園問題でも話題の
安倍昭恵夫人ですが
色々な所に顔を出しすぎて
すぐに取り上げられてしまいますね。

どのような経緯でこの雑誌に
載ることになったのかは不明ですが
投資詐欺をしていた会社の方との
繋がりがあったから、載ることに
なったのでしょう。

投資していた会員のお金は
どうなるかわかりませんが、
要注目のニュースでしょう。

それでは!

Sponsored Links
Sponsored Links