潰瘍性大腸炎になると珈琲(コーヒー)が飲めなくなり下痢になる?カフェインが及ぼす影響

Sponsored Links
Sponsored Links

うるふ
毎週末はカフェに行ってPCを触るのが好きな僕ですが、潰瘍性大腸炎の患者です。潰瘍性大腸炎になってから、おかしいと気づいたのが、カフェで珈琲(コーヒー)を飲むとすぐにお腹を下してトイレに行きたくなるということです。

これを調べてみた結果、珈琲に含まれるカフェインが原因!?ということではありませんか!でもこれは本当なのか?ということで、今回は、潰瘍性大腸炎の患者さんが珈琲を飲んだらどうなるか?カフェインが大腸に及ぼす影響と共にご紹介します!

こちらの記事もどうぞ!

潰瘍性大腸炎で腹痛が伴う場合の入院期間はどれくらい?かかる費用と腹痛が収まるまでの日数

2017.11.02
・・・コーヒー飲めない!?

冒頭でもお話した通り、僕うるふは潰瘍性大腸炎の患者なのですが、元々毎週末はほぼカフェに行くくらいカフェが好きでした。

いつもは、サンマルクカフェに行って、500円程度のランチセットでチョコクロ+パン+ホット珈琲を頼み、パソコンを触っていました。

潰瘍性大腸炎になってからのある日、カフェに行って珈琲を飲むと、飲んだ後すぐにお腹が痛くなりました。お腹がぐるぐるしてきて、もう下痢っぽい感じですね。

この時点では、ただ下痢のタイミングが重なっただけだな?と思っていました。

しかし、また翌週にカフェに行って珈琲を飲むと、、、またすぐお腹が痛くなり、下痢がでるように。

さすがにカフェで毎回下痢がでるなんておかしい!と思った僕は、原因を調べてみることにしました。

そして調べてみた結果、コーヒーがいけないんだということがわかりました。

潰瘍性大腸炎になった時の大腸の状態

まず、コーヒーが大腸に及ぼす影響について紹介する前に、一度潰瘍性大腸炎をおさらいしておきましょう!

潰瘍性大腸炎とは、遺伝的要因や食生活、ストレスなど様々な要因が絡まり合い大腸粘膜に異常な抗体ができ、その抗体が大腸を攻撃することで炎症を起こしただれて、びらん(粘膜のただれ)や潰瘍を形成する病気です。

主な症状としては、粘液の発生、血便、下痢、腹痛などで、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病になります。

潰瘍性大腸炎の時の大腸の状態は、上記からわかる通り、炎症でびらんや潰瘍がある状態です。

つまり、ケガをしているような状態です。例えば、転んで膝を擦りむいたら、皮膚が削れ、血が出ますよね?大腸は外傷的な要因から傷がつくわけではないですが、そういうことです。

つまり、そのような状態の時に摂取してはいけないものがあるということです。

膝を擦りむいた時に、触ったり、さらに痛みの原因となるようなことなどをしたら、余計傷が治りにくくなりますよね?

ですから、そのような状態の時に、大腸の刺激となるようなものはとらないことが懸命なんです!

Sponsored Links
Sponsored Links

珈琲に含まれる成分

では、なぜ珈琲は潰瘍性大腸炎にいけないのか?まず、珈琲にはどんな成分が含まれているのかを調べてみました。

まず、コーヒーを飲む時は、もちろん水状態で飲みますのが、99%が水分だと言われています。残り1%の部分がコーヒー豆から抽出した抽出液になります。

この抽出液がコーヒーが持っている成分になります。

成分名 特徴
水分 水です。珈琲を飲む場合99%が水分です。
タンパク質 三大栄養素の一つで筋肉や内臓などの構成している主要成分。100gの珈琲に対し0.2g
脂質 三大栄養素の一つで肉、魚、野菜、様々なものから摂取できる油成分。100gの珈琲に対し0g。
炭水化物(糖質) 三大栄養素の一つで砂糖、果物、ご飯、パン、麺類、いも等に含まれ、脳や体を動かすエネルギー源。100gの珈琲に対し0.7g。
灰分 食物中に含まれる無機物・ミネラル。100gの珈琲に対し0.2g。
カルシウム 体内に存在するミネラルの中で最も多く、骨や歯の成分や神経細胞で情報伝達、筋肉収縮などに必要。100gの珈琲に対し2mg。
リン ミネラルの中でカルシウムの次に多い成分。他の成分が働くために欠かせない補酵素。100gの珈琲に対し7mg。
鉄分 ミネラルの一つ。主として赤血球をつくるのに必要な栄養素。100gの珈琲に対し0mg。
ナトリウム 食塩に含まれる成分の一部。100gの珈琲に対し1mg。
カリウム ナトリウムとともに細胞内の浸透圧を一定に保ち高血圧を防ぐ働きをする栄養素。100gの珈琲に対し65mg。
ビタミンB2 主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミン。100gの珈琲に対し0.01mg。
ナイアシン 二コチン酸とニコチンアミドの総称。エネルギーを産生する際に働く酵素を補助する役割。100gの珈琲に対し0.8mg。
アミノ酸 タンパク質を基となる成分。筋肉、内蔵、皮膚となったりする。
ポリフェノール 植物が光合成によってできる植物の色素や苦味の成分。珈琲の約半分を閉める割合。
カフェイン 苦味のある白色の結晶。中枢神経の興奮や強心・利尿などの作用。100gの珈琲に対し40mg。
トリゴネリン コーヒーに含まれている成分のひとつ。認知症や脳の老化に効く。
カフェストール コレステロール値を高める成分
カーウェオール カフェストールと同じくコレステロール値を高める成分
クロロゲン酸 ポリフェノールの一種。脂肪燃焼や老化防止、血糖値上昇抑制など。
カフェー酸 ポリフェノールの一種。色や香りのもと。リラックス効果やガンを予防する効果も。
タンニン ポリフェノールの一種で、渋みの成分。
褐色色素 珈琲の焙煎で生まれる黒い色の成分。
腐食酸 植物が発酵や腐敗分解されて生成される有機物の一種

成分まで調べるとキリがないですね笑

さて、この中で、コーヒーに多い成分がやはり体に何かしら影響を及ぼしているわけですが、コーヒーに多い成分としては、『カフェイン』と『ポリフェノール』でしょう。

ポリフェノールはさらに細かく成分が分かれているので、上記成分表の通りそれぞれ効能が違います。

カフェインが及ぼす影響

一般知識として、カフェインを摂取すると、目が冴えるとか集中力が上がるとか、寝られなくなるとかは聞いた事があると思います。

コーヒー以外にも、レッドブルモンスターエナジーにも多量のカフェインが入っているかと思われます。

そして、カフェインは、胃に悪いなんてことも聞いたことがあると思いますが、カフェインには胃酸分泌を促進する作用があります。

例えば、もともと胃酸過多の人が空腹時に珈琲を飲むと、胃粘膜にダメージを与える可能性があります。しかしながら、研究結果でカフェインを摂取したからといって、胃潰瘍や食道炎になどにも影響は与えないという結果がでているので、必ずしも胃に悪いとは言えないんですね。

では、潰瘍性大腸炎の患者に対してはどうなのか?というお話になってきます。

潰瘍性大腸炎患者がカフェインを摂取した場合

私自身、潰瘍性大腸炎の活発時期に、珈琲を飲んだ時は、飲んで10分後くらいには、すぐお腹を下していました。

カフェでパソコンを触るのが好きなのですが、カフェに置いてある殆どの商品が珈琲飲料ですから、苦労しますね笑

しかし、潰瘍性大腸炎の活発時、そして入院中で病院から提供されたお茶を飲んでも全く問題ありませんでした。

お茶は珈琲同様にカフェインを多く含む飲み物です。ウーロン茶や緑茶などもです。

ということは、カフェイン自体は腸に悪い影響を与えてはいないということになります。

ですから、結論として、珈琲に含まれているカフェイン以外の成分が腸に悪い影響を与えているのではないかと言うことです。

Sponsored Links
Sponsored Links

カフェイン以外に気をつけるべき成分は?

出典:ネスレ

そこで、珈琲の中に含まれる成分で、他の飲み物よりカフェイン以外で多く含まれている成分はないか?ということになります。

カフェイン以外に多く含まれている成分ですが、それは『ポリフェノール』です。

上記の図を見て分かる通り、赤ワインについで含有量が多いのがポリフェノールなんです。

先ほども少し説明しましたが、『ポリフェノール』にはいくつもさらに成分があります。クロロゲン酸やカフェー酸、タンニンなど。

これらは、脂肪燃焼や老化防止、血糖値上昇抑制、リラックス効果やガンを予防、渋みの成分だったりと色々な効能があります。

クロロゲン酸は、カフェインと同じく胃酸の分泌を促進する効果があるようです。

しかし、これ自体は、やはり腸への影響はないと考えます。

図で分かる通り、緑茶や紅茶もある程度ポリフェノールは多く含んでいるからです。

つまり、ポリフェノールも悪い影響を与えているとは言えないと思います。

ここまで調べても珈琲のどの成分が悪い影響を与えているのかがわかりませんでしたが、お茶は大丈夫で珈琲がだめという、かなりはっきりした体験をしているので、珈琲は少なからず潰瘍性大腸炎の活発時期には避けるべきでしょう。

他に飲んではいけない飲み物は?

現時点で飲んではいけないとわかっているのは珈琲だけですので、他に飲んではいけない飲み物は、まだわかりません。

しかし、珈琲関連の飲み物はカフェラテやカフェオレなどミルクを混ぜたものもあるので、こちらもできれば避けると良いと思います。

どうしても飲みたい時の対処法は?

しかし、珈琲が好きで、どうしても飲みたい!なんて人もいると思います。僕だってこれまで珈琲が大好きでしたから、飲まないなんてつらいです。

まず飲む条件としては寛解期(潰瘍性大腸炎が収まっている期間)にいるということを最低条件としていただきたいと思います。

そうでなければ高確率でお腹を下すと思います。

そして、珈琲を飲む場合は、ホット珈琲にしましょう。アイスですとお腹が冷たくなり腸にはよくありません。できれば温かいものを飲みましょう。

潰瘍性大腸炎患者にお勧めの飲み物は?

珈琲を飲みたいけど、飲めない。

他にはどんな飲み物がお勧めなのでしょうか?お茶類は基本的に大丈夫だと思いますので、

・緑茶
・ウーロン茶
・ジャスミン茶

ここらへんがおすすめです。

そして、野菜ジュースがお勧めです。なぜかと言うと食物繊維が大量にとれるので、潰瘍性大腸炎に関して、良いと思います。

潰瘍性大腸炎に食物繊維はよくないというお話もあるのですが、僕はそうは思いません。

なぜなら潰瘍性大腸炎は腸内細菌のバランスが崩れている状態で、その腸内細菌のバランスを保ち助ける働きをするのが食物繊維だからです。

ですから食物繊維は積極的にとったほうが良いのです。

僕は、毎朝、食物繊維の摂取にこちらの『青汁』を飲んでいます。

甘くて飲みやすいタイプですので、かなりおすすめです★

ぜひ食物繊維をたくさん摂取して潰瘍性大腸炎を改善しましょう。

まとめ

結論をおさらいすると、潰瘍性大腸炎の患者さんは、珈琲を避けるべきです。

しかし、他の飲み物は基本的に結構飲めると思います。

当たり前ですが、アルコールはもちろんだめですよ!

もし飲むのであれば、寛解しているときだけならある程度OKかと思いますので、自身の大腸の様子を伺って飲んでみましょう。

それでは!

こちらの記事もどうぞ!

潰瘍性大腸炎で腹痛が伴う場合の入院期間はどれくらい?かかる費用と腹痛が収まるまでの日数

2017.11.02
Sponsored Links
Sponsored Links