彼氏のクリスマスプレゼントに贈りたいサングラス・メガネブランド10選★値段やお洒落ポイントをご紹介!



こんにちは、たまに眼鏡をかけてお洒落ぶっているうるふです。

今年も早いもので、もうすぐクリスマスですね。彼氏・彼女なんていらないって言っている人たちも、そわそわする時期になってきました。幸せいっぱいのカップル達も、今年はどこに行こうか、どんなプレゼントをしようかなんて考える時期なのではないでしょうか。。。

そこで今回はプレゼントを何にしようか迷っているあなたに、「サングラス・メガネブランド」に絞ってご紹介したいと思います!「なぜ冬に?」って思われていますか?サングラスは日頃ずっと使える物で、お洒落アイテムとしてプレゼントでとっても喜ばれる王道の大人気アイテムなんです。

ということで、彼氏のクリスマスプレゼントに贈りたいサングラス・メガネブランドの10選をご紹介します!

Ray-Ban(レイバン)

サングラスと言ったらレイバンと言えるぐらい有名なブランドではないでしょうか。それもそのはず、レイバンは世界中の数ある 人気アイウェアブランドの中で最も売れているブランドです。1937年にアメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社 が創立したブランドですね。

性能も抜群で長時間かけていても疲れにくいように作られています。彼氏にかけてもらいたいサングラスでNO.1のブランドですから、プレゼントはもうこれで決まりですね。

おすすめは定番の「ウェイファーラー」シリーズ。1952年から高い人気があり、ノーズパッドやテンプルサイズがぴったりと合うフルフィッティングモデルです。日本人の顔の形にもしっかりフィットするようになっているので、初めてサングラスをかける方にもおすすめな「キングオブサングラス」です。

予算は20000円~40000円

ホームページ:http://japan.ray-ban.com/

Oh My Glasses TOKYO

2015年に設立された「質の高い日本製品を身に着ける喜びを提供する」というコンセプトを掲げているアイウェアの新しいブランドです。メガネの街として100余年の歴史を歩んできた福井県鯖江の熟練した職人がひとつひとつ作っているので、品質がとても高いです。

お手頃な価格だし、 飽きのこないデザインが豊富にラインナップされているから、とても選びやすいブランドです。「フィリップ omg-054 1-48」はオーソドックスな形で、彫の浅い日本人の顔にも合わせやすいからおすすめです。

予算は15000円~35000円

ホームページ:https://www.ohmyglasses.jp/

TYPE

「Oh My Glasses」が、クリエイティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ トウキョウ」とともに、「フォント」をテーマにしたメガネブランド。

字に書体があるように、あなたにも個性がある。あなたにはあなたのTYPEがあるのだからというコンセプトで作られていて、メガネのラインナップも書体の名前がそれぞれついているのが面白いですね。

おすすめは汎用性の高いフレームデザインになっている「HELVETICA」。一番初めにリリースされてモデルで、出版や広告の業界では必要不可欠な書体なんだそうです。

予算は20000円~40000円

ホームページ:http://type.gs/

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)

カリフォルニアで生まれた人気ブランドで、世界中のセレブリティからの絶大な支持を誇るアメリカのアイウェアブランドです。よくハリウッドスターがかけているのを見ますよね。ヴィンテージスタイルをモダンにアレンジしていてとってもお洒落なメガネです。

おすすめはボストンシェイプがレトロな雰囲気になっている定番の「1955-BKDM」。これをかけたらそれだけで好感度がアップしそう。

予算は30000円~50000円

ホームページ:http://oliverpeoples.jp/

TOMFORD(トムフォード)

2005年にデザイナーのトム・フォードが設立したブランドです。『T』マークで良く知られるメガネで、映画の「シングルマン」や「007/慰めの報酬」で使用され、注目を浴びたブランドです。英国のクラシカルな作りの中にも、モダンな雰囲気を兼ね備えた。普遍的な格好良さをもっているのが特徴です。

おすすめは「FT4274 069-54」。テンプルの先にも「TOM FORD」のロゴが入っていて高級感があります。メタルのTアイコンがレトロを感じさせながらも新しいデザインに仕上げられていて、何にでも合わせやすいです。

予算は15000円~50000円

ホームページ:http://klein-eyewear.com/tomford

VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)

デザイナーであるヴィクター・ホースティンとロルフ・スノランの2人によるオランダのファッションブランドです。パリコレでも高く評価されています。

伝統的でクラシックなシェイプをベースに、モダンでエレガントなエッセンスを上手く取り入れています。細かいディテールにも妥協が無いメガネで、モードとクラシックの相反する要素を上手く取り入れているのがいいですね。

おすすめは「ヴィクター&ロルフ 70-0133-01」。細身のプラスチック製フレームで、クセが無くシーンを問わず掛けられるフレームなので、プレゼントしても失敗する事は少ないのではないでしょうか。

予算は25000円~40000円

ホームページ:http://www.viktor-rolf.com/

DUN(ドゥアン)

90年の伝統を誇る株式会社三光工学が打ち出すハウスブランド。福井県鯖江市で作られていて”世界で最も優れた掛け心地の追求”をコンセプトに、長時間の使用にもストレスを感じさせない高品質なフレームを提供しています。

GUMMETALという素材が使われていて、包む混む様な優しい掛け心地の秘訣になっています。デザインもスポーティーなものが多くラインナップされていて、抜群のフィット感を維持しながらもお洒落なのが特徴です。

おすすめは「DUN2102-27」。オリジナル跳ね上げフレームになっていて、人気のモデルをさらに掛け心地よく改良したものになります。

予算は20000円~40000円

ホームページ:http://www.sankokogaku.co.jp/

ic! Berlin(アイシーベルリン)

1997年にドイツのベルリンで設立されたブランド。医療工業用の0.5mmのシートメタルを使用したメガネを世界で初めて発明したブランドで、世界的な賞を受賞し続けています。斬新なデザインと100% handmade in berlinというこだわりがあり、最高の掛け心地で世界中のセレブリティから愛されています。

おすすめは「The Guuchan-black-pearl」。惜しまれつつも廃盤となってしまった名作、「guuchan!!!」の日本別注スペシャルカラーで限定生産復刻品です。日本では限定100本の販売ですのでお早めにご購入を。

予算は45000円~60000円

ホームページ:http://icberlinjapan.blogspot.jp/

onimegane(オニメガネ)

昭和27創業の老舗問屋が部品製造から『Made In SABAE』 に拘ったブランド。部品製造から一貫して福井県鯖江市の職人が手作りしていて、 上質でシンプルなめがねです。奇をてらうことのないデザインに、少しの個性とトレンド感をプラスしたメガネで、どんな着こなしの人でも合うようになっています。

おすすめは「OG7501-G-49」。丸みを帯びた逆三角形型のフレーム形状で、若干クセはありますが、彫が深い方にお勧め。一度はチャレンジしてみたいメガネです。

予算は20000円~30000円

ホームページ:http://www.onimegane.jp/

プラスオーエムジー ベース

ボストンフレームでは男女ともに人気のブランド。メガネの値段は1万未満が結構あって、今回のブランドの中では一番リーズナブルです。

プラスチックフレームだけど、鼻パッドがついていて、メガネが落ちやすいと感じている人でも比較的落ちにくいメガネです。日本人の顔の形に合うように計算されたサイジングだから、掛け心地の良さ感じるメガネになっています。

おすすめは「ジョー omg-019-4」。ウェリントンタイプのセルフレームで、テンプルは細め。クリングスもついているのでメガネがズレにくく、ダテメガネとしてもオススメ。どんなファッションにも合わせやすいメガネです。

予算は8000円~15000円

ホームページ:https://www.ohmyglasses.jp/brands/plus-omg-base

まとめ

いかがだったでしょうか?

以前はメガネって格好悪いイメージでしたが、今の時代はおしゃれのマストアイテム的な存在になっていますし、サングラスも持ってない人が多いので、クリスマスプレゼントに最適です。

今回は彼氏に贈って失敗のしないサングラス・メガネブランドを厳選してご紹介させて頂きました。

是非参考にして頂いて、素敵なクリスマスを過ごして頂ければと思います。

それではよいクリスマスを!!



☆SNSでシェアしよう☆