宮川一朗太の元嫁「山田佳奈子」との離婚原因は競馬?2冠馬ネオユニヴァースなどの馬主で3000万儲けた?

Sponsored Links
Sponsored Links

しくじり先生にも登場した宮川一朗太さんですが、離婚して娘2人を育てるシングルファーザーになりました。現在思春期真っ只中の娘2人の子育てに奮闘中とのことです。

ではなぜ、2000年に結婚したフリーライターの山田佳奈子さんと2005年に離婚し、親権を勝ち取ったのでしょうか?色々と調べてみました。

宮川一朗太のプロフィール
miyagawauma

生年月日:1966年3月25日(現在51歳)
出生地:東京都新宿区
身長:171cm
血液型:A型
職業:俳優、声優、ナレーター、競馬キャスター
事務所:オスカープロモーション

宮川さんは東京練馬の武蔵中学校・高等学校を卒業し、推薦で早稲田大学に入学した後、中退しています。その後、1983年に映画『家族ゲーム』のオーディションに合格し、主人公・沼田茂之役で主演デビュー。松田優作と共演しました。松田優作の出る作品に主演でなんて結構すごいことですよね。それ以降は、多数の映画・ドラマで活躍。さらに主に声優としても日本語吹き替え役やCMナレーションなど他方面で活躍をしました。マイケル・J・フォックスの出演映画バック・トゥ・ザ・フューチャーなどで活躍していました。

そして、競馬好きとも知られています。競馬キャスターも務め、さらに一口馬主として、二冠馬ネオユニヴァースや重賞勝ちのあるロサード、レクレドールといった馬を所有していました。1990年にはフリーライターの山田佳奈子と結婚し2人の子供を授かりましたが、2005年には離婚しています。

スポンサードリンク




元嫁・山田佳奈子のプロフィール

調べてもあまり情報がなかったのですが、フリーライターという仕事だけ印象的ですね。フリーライターとは、個人的に取材対象者に取材し、その記事を書き、依頼企業などにその記事を提出することで、報酬をもらうライターです。

一般的な企業で働くライターは、企業内で執筆する内容を決め、それに沿って書きますが、フリーライターは、企業から依頼された内容を仕事として受注し、執筆します。素晴らしい記事を書けたり、有名でないと単価が低かったりするので、仕事として成り立たせるのには難しい職業だと思います。

離婚原因は競馬?
neoyuni

二人の子供を授かった二人でしたが、2005年には離婚しています。その原因は競馬だとされています。くりぃむしちゅーの番組で、その離婚原因を語ったらしいのですが、この離婚のきっかけは、かつて自身が一口馬主として所有していた馬に妻に内緒で175万円を投じていたことでした。内緒で多額のお金を出すということがいかにだめかということが伝わりますね。

しかし、なんとこの時に宮川さんが投資した馬は、2003年に皐月賞やダービーを制し2冠馬となり、通算6億以上の賞金を獲得した名馬・ネオユニヴァースでした。その後種牡馬としても活躍し、G1馬も生み出すなど大活躍を遂げたネオユニヴァースの一口馬主ということで、合計で3000万円以上儲かったらしいです。しかし、これだけ儲けたのも離婚後だったということでした。内緒でお金を投じることもよくないですが、結果これだけ儲かったのは、すごい才能ですよね。

スポンサードリンク




なぜ娘2人を引き取ることに?

普通よっぽどのことがない限り、親権は母親に行くと思います、しかし、父親である宮川さんが娘を引き取っています。

ネットでの噂では、競馬やテレビゲームに熱中するあまり、それが原因で、離婚前に家出をしていたみたいです。子供がいる状態での家出ですから、さすがに印象はよくありません。その間、宮川さんが子育てをするしかありません。最終的に離婚になったときも子育ては既に宮川さんがしていたということになりますね。

ちなみにこの時、ドラクエをやっていたそうです。宮川さんがドラクエで世界の平和を守っていた間、家庭の平和は守られていませんでした・・・笑

しかし、元嫁さんが家を出ていった時、その喧嘩を娘達がみていたらしく、追い出したのはパパだとずっと言われ、娘達には無視され続けていたみたいです。

最終的には、元嫁さんが家をそのまま出ていったので、親権は父親である宮川さんに渡ったのだと思います。

スポンサードリンク




宮川一朗太さんの次女が結婚!

そんな波乱を経験してきた宮川さんにも嬉しい出来事が、この収録の一昨日、次女が結婚報告をしてきてくれたそうです。

既に何回か会ったことがあるということ。娘が結婚に行くとなった時、どんな気持ちなんだろうと思っていましたが、「娘と結婚してくれてありがとう」という気持ちだったそうです。

素敵ですね。シングルファザーとして一般家庭とは違う生活をせざるを得なく、苦労させた部分もあったでしょうから、手塩にかけて育てた娘さんと結婚してくれて本当に嬉しかったんだと思います。

最後に結婚相手の彼にこういったそうです。「おれみたいになるなよ」と笑 離婚して子供を不幸にしてはいけませんからね。

次女も、宮川さんの苦労してきた姿を見てきたので、「ありがとう」という気持ちでした。

まとめ

私自身も競馬好きですので、ネオユニヴァースの一口馬主になれたということだけもすごいことだと思っています。馬を見る目があったのでしょうか。

離婚については、子供を置いて家出をするのは育児放棄ですので、よくありませんね。しかしそれだけストレスが溜まっていたのでしょう。

今は父親一人で思春期の難しい時期に娘2人の子育てをしているわけですから、大変だと思います。女の子の気持ちは男にはわからない部分もありますからね。

ということで、今回は宮川一朗太さんの記事について書きました。

それでは!

出展:https://tv.yahoo.co.jp/program/29925526/
出展:http://entame-line.biz/wp/2756.html
出展:https://matome.naver.jp/odai/2149008953602833201
出展:http://news777seven.com/?p=1001

Sponsored Links
Sponsored Links