花粉症対策にスーパーで買えるヨーグルトはどれが良い?

Sponsored Links
Sponsored Links

今年に入って、またあの季節がやってきました。そう!花粉症の季節。

毎年スギ花粉の飛散量が増えていますので、花粉症対策はきっちりしたいところ。ヨーグルトは花粉症によいとされていますが、種類が多くて分かりにくいですよね?

そこで今回はどんなヨーグルトが良いのか、まとめてみました。

どのヨーグルトがなぜいいのか、お伝えいたしますので是非参考にしてみてください。

アトピーにもおすすめ!LG21
yoguru2

花粉症の予防にお勧めするのが、カルピスが発売しているLG21です。免疫力をアップする効果があり、花粉症やアトピー、鼻炎にいいことが報告されています。

小児アトピー患者の皮膚のかゆみが緩和したという研究結果もあるので、花粉症にはベストですね。

アトピーや花粉症になっている子供におすすめしたいヨーグルトです。

スポンサードリンク





ビヒタス
yoguru3

次におすすめするのが森永が発売しているビヒタスです。

何と言ってもビヒタスは花粉症の症状に良いとされる、「ビフィズス菌BB536」が入っていることです。価格も安いですので毎日食べてもいいですね。

また脂肪が0で脂肪が気になる女性にもぴったりの商品です。

胃酸に強い!生きて乳酸菌が届くL-55
yoguru4

花粉症が良くなる原因は、乳酸菌による免疫力の向上です。しかし乳酸菌は胃酸によってほとんど死滅してしまいます。

そこで開発されたのが、オハヨー乳業が販売しているL-55。L-55の乳酸菌は、胃酸に強くしているため、生きて腸内に届いて免疫力を上げる効果があるとのことです。

いつもヨーグルトを食べていても、中々効果が出にくい方にお勧めです!

スポンサードリンク





飲めて乳酸菌を摂取する!R-1
yoguru5

R-1は飲むヨーグルトです。しかも先ほどのL-55と同じく胃酸によって乳酸菌が死滅しないように開発された乳酸菌です。胃酸で簡単に死滅しないR-1乳酸菌によって花粉症が楽になります。

朝忙しい人に簡単に飲めるヨーグルトとしておすすめです。

まとめ
yoguru6

いかがでしたでしょうか。

ヨーグルトで花粉症対策をするためには、乳酸菌を腸まで届ける必要があります。しかしそのほとんどが腸に届く前に、胃酸や胆汁で死滅してしまいます。

L55やR-1のように胃酸耐性を持った乳酸菌を持つヨーグルトが各社から発売していますので、ぜひ試してみてください。

また毎日ヨーグルトを食べる必要がありますので、金額面で厳しい方には安いヨーグルトでも問題ありません。

ヨーグルトを食べるときには砂糖を入れずにプレーンのまま食べるようにしましょう。

それではまた。

Sponsored Links
Sponsored Links