花粉症にはヨーグルトとみかんの皮が効くって本当?食べ方と効能をチェック!



3月になるとスギ花粉が酷くなり、鼻水やくしゃみ、目のかゆみが止まらなくなります。花粉症患者にとってはもっともつらい時期ですね。

普段何気なく食べている食物が、実は花粉症にいいということを知っていますか?

そう!それがみかんの皮とヨーグルトです。

ではなぜヨーグルトとみかんの皮が良いのでしょうか。見ていきましょう。

みかんの皮とヨーグルトを一緒に摂取することが大切!
yoguru2

花粉症にいいと話題のみかんの皮とヨーグルト。実はこの二つ、一緒に摂取したほうがいいのです。

これはみかんの皮に含まれる「ノビレチン」と牛乳に含まれる「βラクトグロブリン」を一緒に摂取したほうが効果が高まるからです。

愛媛大学の菅原教授によると、スギ花粉症患者26人を対象にヨーグルトとすりつぶしたみかんの皮を一日一回飲ませたところ、全員に花粉症が軽減する結果が出たとのことです。

すごいですよね!

ではなぜヨーグルトとみかんの皮が花粉症に良いのでしょうか。

それぞれ花粉症の効果についてみていきましょう。

スポンサードリンク




みかんの皮には「ノビレチン」がたくさん!
yoguru3

みかんなどの柑橘類に含まれる「ノビレチン」にはたくさんの効能があることが知られています。

みかんももちろん「ノビレチン」の含有量は多いですが、柑橘類でもとりわけ多いのがシークワーサーです。

ノビレチンにはどのような効能があるのでしょうか。

見ていきましょう。

ノビレチンの効能とは?
yoguru4

①抗炎症作用
②抗がん作用
③ダイエット効果
④美肌効果

①の抗炎症作用が花粉症の対策になります。それ以外にも抗がん作用やダイエット効果もあるんですね!みかんの皮の評価が上がります。

次はヨーグルトの効果についてみていきましょう。

ヨーグルトに含まれる「βラクトグロブリン」とは?
yoguru6

βラクトグロブリンとは、牛乳や羊乳に含まれる主要なたんぱく質のことです。ホエイにたくさん含まれています。

ホエイはヨーグルトの上によく溜まっている、黄色い色をした水っぽいやつです。いつも捨てていませんよね?

じつはこのホエイが花粉症によく効きます。だから絶対捨てないでくださいね。

スポンサードリンク





βラクトグロブリンの効能とは?
yoguru1

βラクトグロブリンの効能は
①鎮痛・鎮静作用
②睡眠誘発作用
③免疫力強化
などがあります。

このうち免疫強化が花粉症の対策になります。βラクトグロブリンで免疫強化を行い、みかんの皮で抗炎症作用を得る。

だからこの二つを同時に摂取することが大切なのです。

みかんの皮とヨーグルトの摂取方法とは?
yoguru7

みかんの皮とヨーグルトの摂取方法はどうしたら良いのでしょうか。

①みかんの皮はすり潰しておく。
②ヨーグルトはホエイを除かずによく混ぜておきます。
③みかんの皮をヨーグルトに入れて食べる。

これだけです。ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ
yoguru8

いかがでしたでしょうか。

①みかんの皮には炎症を抑える「抗炎症作用」がある
②ヨーグルトには「免疫力強化作用」がある

だから同時に摂取することが望ましいことをお伝えしました。

今が一番辛い時期ですが、みかんの皮とヨーグルトで乗り切りましょう。



☆SNSでシェアしよう☆