年収400万円の一人暮らし社会人が毎月貯金するべき金額は5万円?

Sponsored Links
Sponsored Links

社会人生活に慣れ、30代間近になってくると、年収が400万を超えてくる人も出てきます。

そこでもう一つ疑問になってくるのが貯金はいくらしているのかということですよね。

計画的に貯金出来ている人とそうでない人と分かれ目になってくる時期でもあると思います。

そこで月々の貯金はいくらなのか? そしてどのようにそれを扱っていくのか? 紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

①手取りでどれくらいなの?
shakaizin2

では年収400万というと手取りでどれくらいになるのでしょうか?

ボーナスが2回あったとすると30万が2回と月々の給料が大体手取りで20万前後といったところでしょうか?

思ったより少ない気がする、という人もいるんじゃないでしょうか?

それもそのはず、年収が増えた分に合わせて税金も増えているので実際にはそこまで余裕があるわけではないというのが現実です。

スポンサードリンク




②じゃあいくら貯金していくのがベスト?
shakaizin3

問題はこちらです。手取りが20万だと仮定すると、そこまで余裕があるわけではない以上無理は禁物です。

家賃にもよるのですが、手取り20万で月々5万円貯金するのも不可能ではありませんが、ある程度つつましやかにはなるでしょう。それかボーナス分のほとんどを思い切って貯金に回してもいいかもしれませんね。

③投資を検討してみよう!
shakaizin5

貯金を無理なく行えるようになってきたのならこちらも考えてみてもいいでしょう。ただし、安易な投資は絶対にNG。自分で勉強して銘柄を選ぶのもいいですし、それが難しければ投資信託に任せてもいいでしょう。

ただし気を付けるべきなのは、仮に0になったとしても、生活に支障が出ないようにはしておきましょう。実際0になる可能性はそこまで高くはありませんが、万が一倒産してしまえばその価値は0円です。そのことだけは頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク




④自己投資も怠らないようにしましょう
shakaizin6

貯金を考えると、自己投資は一見無駄に見えます。

ですが自己投資をすることで昇給の可能性もありますし、手に入れたスキルはそう簡単になくなりません。

まとめ
shakaizin7

いかがでしたか?

年収400万円というと、300万に比べて余裕が出てくるように思えてしまいますが、実際はそんなに甘くないというのが実情です。

そこで大事なのはなんのために月々5万円貯金するのか目的を明確にしておくことです。30代の方ならまだまだ、働く時間は30年残っていますし、働いていかなければいけません。

老後に備えるといった観点で物事を見るのも無意味ではないですが、自分の年収をいかに増やすかまだまだ考えるべき時期でもあると思います。

そのことを意識して、貯金だけでなくこれから先のことも意識するきっかけになればと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links