社会人1年目の一人暮らしサラリーマンの貯金額の平均は50万円?

Sponsored Links
Sponsored Links

もうすぐ新生活が始まります。新しく社会に出る人にとってこれから入ってくる給料のことやお金のことなど気になることがたくさんだと思います。その中でも大事になってくるのが貯金です。

1年でどのくらい貯金ができるのか? 調査してみたので参考にしてみてください。

①月にいくら貯金にまわすのか?
tyokin2

新卒1年目の給料としては20万から24万程度ですが、税金などの差し引きを考えると15~19万程度といったところに落ち着くことが多いと思います。

これに仮に家賃を6万円と仮定すると、残るのは9~13万円前後といったところでしょうか。これで仮に100万円貯めようとすると月に8万円前後貯金することが必要になってきます。

これは実家なら実現不可能でもないのですが、そうじゃない人にとってはかなり厳しいですよね。

②貯金額0円の人も珍しくない!?
tyokin2

そして意外なのは貯金が全くできていない人の割合がトータルでいうと一番多いんです!

えー!と意外に思われる方も多いかもしれませんが、新社会人は何かと物入りですし、飲み会などの付き合いをしていると、意外に出費はかさみます。

また、ストレスもたまりやすくついある分だけ使ってしまうという人も案外珍しくありません。

スポンサードリンク




③給料から天引き
tyokin5

そう思うとお勧めなのは自分に手の出しにくいようにあらかじめ天引きしておくのが貯金をしていこうと思うと必要になっていきます。会社の制度で財形貯蓄制度がある場合はぜひ活用しましょう。

あるいは証券などの積み立て定期預金を使うと自分でわざわざ操作する必要なく、お金を口座に移すことができますので、活用することを考えてみてもいいかもしれません。

④無理のない貯金計画を
tyokin4

とはいえ、1年目で貯金をするというのは結構ハードルが高い話かもしれません。理由は単純で決して給料に余裕があるわけではないからです。無理のある計画は自分自身に負担をかけてしまいます。

自分の財政状況に応じてほんの少額でもいいので貯金をすることがとにかく第一です。1万円でも月に貯金すれば1年後には12万円貯金出来ています。その積み重ねが貯金生活の一歩になりますよ!

スポンサードリンク




まとめ

新社会人の貯金額の平均は確かに50万円前後なのですが、それは実家暮らしの人や家賃補助で負担が少ない人を含めての話でもあります。

大事にするべきなのは自分の家計の能力や状況に応じて無理のない範囲で貯金をすること。何かと物入りでもありますので、どうしても難しい場合も全くないわけではありません。

ただできる範囲で貯金をしていくのは大切なこと。月1万円でも継続していくことでだんだんと50万円の貯金もできるようになっていきます。

何かと大変ではあるのですが、無理のない貯金計画を立ててくださいね。

Sponsored Links
Sponsored Links