ホワイトデーなのにバレンタインのお返しをしない男の心理とは?

Sponsored Links
Sponsored Links

3月は2月にあげたバレンタインデーのお返しがもらえるホワイトデーです。

女性の皆さんは返ってくるのか、ドキドキする季節です。

読者の中にはバレンタインデーでチョコを上げたのに、ホワイトデーで返してもらえなかった!!と嘆いている人もいるかもしれません。

そこで今回はホワイトデーでお返しをしない男性の心理についてお話しします。

お返しするのが面倒
okaesi2

「お返しするのが面倒ってどういうこと!?」って怒り出すかもしれません。でも男性は記念日を忘れてしまったり、プレゼントするのを面倒くさがったりする生き物。そういう男性は意外にも多いのです。

もちろん世の中にはもらったものをきちんと返す人もいます。でもそういった“モテる”要素を持った男性は少ないのです。

ですからホワイトデーで返ってこなくてもあまり落ち込む必要はないかもしれません。

イベント事に無関心である
okaesi3

これも先ほどの「お返しするのが面倒」と同じ理由ですね。とにかく男性は交際記念日(1年目、2年目など)や結婚記念日などは忘れやすい生き物です。

バレンタインデーは世の中がそういう空気なのと、男性にとっては、チョコをもらったら一種のステータスになりますから関心は高いはずです。

しかしホワイトデーとなると、渡すのが億劫になったり、そもそもホワイトデーに関心がなかったりするケースがあるようです。

かくいう私も忘れた経験があります(汗)その時はしばらく経ってからお返しをしてくれる可能性もありますので、気長に待ってみましょう。

バレンタインデーのチョコで満足してしまう
okasesi4

男性はプライドが高い生き物です。バレンタインデーでもらったチョコの数は自慢しますが、そこで満足してしまいます。

バレンタインデーでは男性はチョコをもらえることを期待している感を出しますが、ホワイトデーでお返しをすることには無関心になりやすいです。

そもそもそういった男性は器が小さいですので、それが分かっただけでも良しとしましょう。

まとめ
okaesi5

ホワイトデーでお返しをしない男性の心理について3つお話ししました。

3つとも、男性は「イベントに関心がなく」「プライドが高くて」返すのが億劫になったり、忘れてしまいやすい生き物ということが共通している項目かもしれません。

返してもらえなければ、器が小さい、女性の心理が分かっていないと思って、他の良い男性を見つけるのもいいでしょう。

是非この記事を参考にして頂ければと思います。

それではまた!

Sponsored Links
Sponsored Links