知っておきたい恵方巻きの7種類の具材の種類と調達方法

Sponsored Links
Sponsored Links

2月と言えば節分!豆まき!恵方まき!


2月はまず節分から
始まりますよね。

お正月以来のイベントです。

豆まきももちろんですが主婦の人には恵方まきの準備が大変ですよね。

最近ではスーパーやコンビニなんかでも色々な種類の巻き寿司が売られるようになりました。

ロールケーキで恵方まきなんていうユニークなものまであります。

でもやっぱり主婦の人は作る人が多いんじゃないでしょうか。

家族が多いと買うとなるとちょっとお金もかかりますし、それなら作ったほうがお得です。

では恵方まきとは何を巻くといいのでしょうか?

スポンサードリンク




実は決まってない恵方巻きの具材
eho2

実は恵方巻きの具材って決まってないのは知っていましたか?

よく見る恵方巻きの巻き寿司って同じような具材が入っているので決まっているのかと思いますよね。

しかし恵方巻きで決まっていることは7種類の具材を巻くことと太巻きであるってことなんです。

だから好きなものを7種類巻いちゃっても全然いいんです。

よくある恵方巻きとは?
eho3

昔からよく恵方巻きに使われる具材があります。

しいたけ・かんぴょう・高野豆腐・きゅうり・卵・穴子・桜でんぶです。

穴子はうなぎでんぶはおぼろが変わりに入っていることもよくあります。

でもだいたい中身はこんな感じのものが多いですね。

昔からよくある太巻きなので1度は食べたことがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク




調理方法は?
eho4

ではこれらの具材はどのように調理してから巻くのでしょうか。

食べたことある人ならわかりますが以外としっかりとした味がついています。

まずしいたけですが必ず干ししいたけを使いましょう。

干ししいたけはとても出汁が出ますしコクも出ます。

酒・醤油・砂糖・みりんであまからく煮込みましょう。

かんぴょうや高野豆腐も同様の材料にだしを入れて下味をつけます。

しいたけとかんぴょう、高野豆腐
は冷えるときに味が浸み込むのである程度煮たら火を止めて味をしっかり入れましょう。

卵は砂糖と醤油です。

ただご家庭によって砂糖を入れないところもあると思うのでその辺はお好みのお味で大丈夫です。

穴子は焼いてあるものを使えば味はつけなくて大丈夫ですし桜でんぶはそのまま使えるものが売っています。

基本しいたけ・高野豆腐・かんぴょうにしっかり味をつけていれば出来ちゃいます!

まとめ

昔ながらの恵方巻きをちょっと詳しくご紹介しました。

思ったより簡単に作れますよね。

毎年買ってるなんて方は是非今年は手作りで作ってみてはいかがですか。

あっさりな味付けなので節分だけではなく毎日の献立に追加してもいいですよね。

是非今年の節分は手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links