世界で活躍している有名プロテニス選手は何歳から始めたのか?ジュニア時代からさせることが必須条件?



子供が活躍する為に

テニスでは、錦織選手が日本でも歴代トップで活躍している選手になっていると思います。

僕は錦織選手と同い年なので、とっても親近感がわきます。

完全にテニプリ世代ですよ笑

本題に入りますが、テニスに関わらず、世界でも活躍しているプロスポーツ選手は、幼少期からそのスポーツをしていることが多いです。

ジュニアの頃からスポーツクラブに入ったり、指導を受けたり、中学生になって部活が始まってからスポーツをしても、活躍できることはほんの一握りだと思います。

では、テニスではどうでしょうか。

世界でも活躍しているプロテニスプレイヤーは、何歳からテニスを始めたのか?

今回は、これをご紹介しようと思います。

錦織圭

nishikori-min
出典:https://www.rio2016.com/en/search-images?q=nishikori

【選手情報】出典
錦織 圭(にしこり けい、1989年12月29日 – )は、島根県松江市出身の男子プロテニス選手。日清食品所属。松江市立乃木小学校、開星中学校、青森山田高等学校卒業。身長178cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP世界ランキング自己最高位はシングルス4位(アジア人男子歴代最高位)。

【ジュニア時代】
初めてラケットを手にしたのは5歳の時。父と9歳になる姉と一緒に雲南市の公園でボールを打っていた。2ヶ月後に同じく雲南市になる加茂町中央公園のテニスコートに通いだす。テニスを始めてから約1年後、松江市内の「グリーンテニススクール」に入会する。小学4年生の時、中国地方代表として全国小学生テニス選手権大会に出場する。翌年も出場し2回戦で第8シードの選手を破る番狂わせを起こしベスト8の成績を残す。

錦織選手は5歳の時からテニスを始めたみたいですね!自分の意志で何かをやりたいという気持ちが芽生える前のような気がしますね。

親が5歳の時にテニスをさせる機会を与えたことで、小さい頃からテニスで活躍できるようになったというわけですね。

やはり幼少期からやっていましたね。

ちなみにATPランキングがこの記事を書いている時点で85位の西岡良仁選手(20歳)は4歳からテニスを始めたと書いています。→参考

ノバク・ジョコビッチ

Novak-min
出典:https://www.rio2016.com/en/news/novak-djokovic-dealt-tough-opener-against-del-potro-in-rio-2016-tennis-draw

【選手情報】出典
ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, 1987年5月22日 – )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス66勝、ダブルス1勝。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

【ジュニア時代】
4歳からテニスを始める。ジョコビッチの父親は元プロスキー選手で、優れたサッカー選手でもあり、現在はセルビア国内(コパオニク(en))でピザとクレープのレストランを経営している。ノバクは12歳の時、ドイツ・ミュンヘンにある「ニキ・ピリッチ・テニスアカデミー」に留学し、2年後セルビアに戻った。2003年に16歳でプロ入りし、2004年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。2005年から4大大会に出場し始めたジョコビッチは、デビュー戦の全豪オープンでは1回戦でマラト・サフィンに完敗したが、ウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出した。

なんとジョコビッチは錦織選手より1歳早い4歳からテニスを始めたそうです!どのくらいのことを当時からやっていたのかは定かではありませんが、すごいです!

親がプロスポーツ選手だったので、何かのスポーツをするのは確実で、それがテニスだったということでしょう。

プロスポーツ選手の親がどこまで稼いでいたのかはわかりませんが、金銭的にも裕福そうな家庭でなければ、テニスをする環境は整わなかったでしょう。

アンディ・マレー

murray-min
出典:https://www.rio2016.com/en/search-images?q=MURRAY+Andy

【選手情報】出典
アンドリュー・バロン・”アンディ”・マレー(Andrew Barron “Andy” Murray, 1987年5月15日 – )は、スコットランド・ダンブレーン(英語版)出身、イギリス国籍の男子プロテニス選手。「アンディ・マレー」とする表記も多い。身長190cm、体重84kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪でシングルス選手としては男女通じて初のオリンピック連覇を達成。4大大会では3度の優勝経験があり、特にウィンブルドン選手権では2013年の大会でイギリス人選手77年ぶりの優勝者となり話題になった。マスターズ1000優勝12回。シングルス自己最高ランキングは2位。生涯獲得賞金ランキング歴代4位。

【ジュニア時代】
アンディ・マリーはスコットランドのナショナル・コーチを務めていた母親のジュディ・マリーの手ほどきにより、3歳からからテニスを始めた。少年時代はサッカーでも才能があり、スコットランドの名門サッカークラブ「グラスゴー・レンジャーズ」からスカウトを受けたこともあるが、職業としてテニスに専念する。

3歳からwwwジョコビッチより早いですね笑

やはり親の影響ですね。母親がコーチをやっていたなんて凄いです!しかもサッカーの才能もあったなんて笑

ロジャー・フェデラー

Roger+Federer-min
出典:http://stevie8126.blogspot.jp/2012/08/hot-athletes-in-london-olympic-2012.html

【選手情報】出典
ロジャー・フェデラー(Roger Federer 1981年8月8日 – )は、スイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。
テニスの教本のような理想的なフォームを持ち、あらゆるショットを流れるように駆使するプレースタイルから、最も完成度の高い選手と評されている。
グランドスラム男子シングルス最多優勝・歴代最長世界ランキング1位・通算獲得歴代最多賞金など数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声が高い。

【ジュニア時代】
ボリス・ベッカーに憧れ、8歳からテニスを始めた。17歳の時に、ウィンブルドン選手権男子ジュニアのシングルス・ダブルス両部門で優勝、ジュニア世界ランキング1位になる。ジュニア時代はカテゴリGA優勝2回、G2優勝2回を飾る。同年にプロ転向を表明。翌1999年には、ATPツアー参戦への登竜門とされるブレストで開催されたATPチャレンジャーで初優勝を飾る。

フェデラーは他の選手より遅い8歳からテニスを始めています。

日本で言うと小学生低学年から始めるくらいですね。

スポンサードリンク




スタン・ワウリンカ

Stan-Wawrinka-min
出典:http://muzul.com/celebrity/stan-wawrinka/

【選手情報】出典
スタニスラス・”スタン”・ワウリンカ(Stanislas “Stan” Wawrinka 1985年3月28日 – )は、スイス・ローザンヌ出身のチェコ系スイス人の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーではシングルス14勝、ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス88位。身長183cm、体重81kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。
2014年全豪オープン・2015年全仏オープン優勝。2014年モンテカルロ・マスターズ優勝。2008年の北京五輪男子ダブルスで、ロジャー・フェデラーと組んで金メダルを獲得。2014年デビスカップでスイス代表の優勝に貢献した。

【ジュニア時代】
ワウリンカは農場で働くチェコ系ドイツ人の父とスイス人の母の間に、4人兄妹の次男として生まれた。後に同じくプロテニス選手となる兄ジョナサンの手ほどきにより、8歳からテニスを始める。ジュニア時代には2003年全仏オープン男子シングルスジュニア部門で優勝するなど、早くから期待の若手として知られていた。同年にプロ入り。

ワウリンカもフェデラーと同じ8歳からテニスを始めたようです。

兄からの影響を受けたみたいですね!

ラファエル・ナダル

nadal-min
出典:https://www.rio2016.com/en/search-images?q=Nadal+

【選手情報】出典
ラファエル・ナダル・パレラ(Rafael Nadal Parera 1986年6月3日)は、スペイン・マヨルカ島・マナコル出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス69勝、ダブルス10勝を挙げる。身長185cm、体重85kg。
グランドスラム優勝回数歴代2位タイ記録(14回)、史上2人目となるキャリアゴールデンスラム達成、全仏オープン最多優勝・最長連覇記録を保持するテニス史上屈指の選手。
特にクレーコートに非常に強いことで知られ、クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、クレー大会である全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を更新した。

【ジュニア時代】
彼の叔父はサッカー元スペイン代表DF(ディフェンダー)のミゲル・アンヘル・ナダルであり、ラファエルも12歳まではサッカーで有望選手だったという。もう一人の叔父であるトニー・ナダル(英語版)が子供のころから一貫してコーチを務めている。8歳の時にスペインの12歳以下の大会で優勝。その後テニスを職業に選び、2001年に15歳でプロ入りした。2003年4月21日、16歳10ヵ月で世界ランキング100位入り。2003年8月4日、17歳2ヵ月で世界ランキング50位入り。

イマイチ何歳で始めたかはわからないのですが、8歳の時にスペインの大会で優勝ということは、せめて5,6歳くらいから始めないとって感じですよね。

おじさんがサッカーのスペイン代表ってすごいな笑

各選手まとめ

錦織圭:5歳
ノバク・ジョコビッチ:4歳
アンディ・マレー:3歳
ロジャー・フェデラー:8歳
スタン・ワウリンカ:8歳
ラファエル・ナダル:?歳

いやー皆さん10歳以下ですね!やはりプロ選手は違いますね!!!

子供をプロにさせたいなら早くにもテニスをさせるべきですよ!

さらにその他随時追加します!



☆SNSでシェアしよう☆